フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

東北へ

without comments

Kesen-numa

夜行のバスで仙台に向かう。

日本では電車で動く当たり前の様な気がしていたが、今回は時間をうまく利用する為にバスでの移動。朝の5時半には仙台に着く予定である。

今回はタニさんと友達に紹介をしてもらった人をツテに三陸から東松島まで震災の様子を見てこようと思いこのような旅にでる。

今回の震災で誰もが考えた事であろうが、この二ヶ月自分がどんな事ができるのかという事を考えた。今回の地震が起こる2日前にアメリカに帰り、地震が起こってからアメリカから報道を通して様子を追ってきた。その間実際に日本に来る事も考えたし、フィラデルフィアから何らかの形で何かできないかという事を考えた。ただ事情も分からずに、報道からの情報だけを頼りにして考えを巡らせてもしょうがないと思い、実際に現場を見てどんな事ができるのかという事を探ってみようと思っていた。

来る飛行機の中で隣りにいた日本人の人と話をした。会社を3週間ほど休んでボランティアとして被災地に入る事を考えているようであった。NYででも友達と協力をしてチャリティーのイベントに携わってきたようで、今回も被災地でビデオを撮影しある種のドキュメンタリーを作れないかと考えているようだ。いろんな思いがあるのだなと考えさせられた。

実際2週間前ほどにNYにいる友達に電話をした時には彼女は義援金を募る作業がNYの日本人のコミュニティーでは頻繁にある事を話していた。さすがにそこまでフィラデルフィアでは日本人の人数が少ないためか,そこまで頻繁には行われていない。

アメリカのメディアでは日本の事は一面には報道されなくなってきている。日本のメディアのほうは、お決まりの型にはまるニュース以外は被災地のニュースは減ってきて原発のニュースが中心である。何かもっと違う視点から伝えるとこができないのかと思っている。

何ができるか分からないがとにかく実際に見てみよう。

Written by tsuyoshi

6月 5th, 2011 at 6:38 am

Posted in 日本訪問

コメントを残す