フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

Closed System

without comments

鬼海さんとSummitの手伝いをした学生ボランティアのCharles

ここ数年、日本との行き来をすることが多くなった。去年などは計算してみると合計3ヶ月を日本で過ごしたことになる。

これだけ日米両方の社会を行き来していると、いろいろと不思議に思うことが沢山ある。なかでも気になるのは、いかに日本とアメリカの間で情報が伝わっていないかという現実である。21世紀になり、インターネットで情報が飛び交う時代であるにも関わらず、なかなか情報が伝わっていないのが実情である。「一見便利になった」世の中で、ここまで「温度差」や「意識差」があるのかと驚くほどである。

もちろん場所や時間が変われば情報の価値は変わっていく。例えばフィラデルフィアで行われるコンサートの情報を、東京で活動するバンドのファンが知ってもあまり価値はないだろうし、今年の木村伊兵衛賞を誰が受賞したかという情報は、NYで写真をやっている人にはあまり価値がない。つまり、ここで問題にしたい「情報」とは、その場所(local)の流行などや、現在行われていること(timely)に限定された情報のことではない。

情報のなかでも更新のサイクルが長いものが沢山ある。前回書いた「form&content」のように写真やアートの見方などの情報は、時間が経っても変わる訳ではない。アメリカのアート教育では当たり前のように使われているコンセプトやツールであるにも関わらず、日本では全くと言っていいほど知られていない。またはアーティストがどのようにして自分の作品を世の中に出していくのかなどの情報も最近では簡単に手に入るようになってきた。実際にGoogleで「marketing for artist」と検索すると、1億件ほどサイトが見つかるほど話題性があるのに、その「話題性」みたいなものが同じ温度で日本に伝わっていないのだ。

今は情報を得るチャンネルとしてFacebookやツイッターを含む、ソーシャルネットワークやブログの役割が大きくなってきている。少し前まではテレビのニュースから得ていた情報をこれらの方法で得ることも珍しくない。ただ問題なのは、これらの情報がとても「歪んでいる/schew」という点である。普通の人のアカウントに現れる「つぶやき」の半分は、全ユーザーの0.05%(2万人)の人から発信されているそうだ。このことからも、少数の人の意見がいかに拡大され、消費されているのかが分かる。また最近日本でも話題になったが、サイトで見られるレビューが実は操作されているという現実もある。ここまでインターネットの裏で情報が売買されている時代になって、「中立な情報」はないと思った方が正しい。

さらに問題なのは、このような「情報のバキューム」を利用してビジネスが成り立っているという事実である。つまり外で起こっている物事や状況を人々が知らないことを前提にしたビジネスモデルが存在し、この時代になってもまかり通っているのである。例えば海外の情報を「専門家」として教えるものがあったり、海外で「有名な人」を連れてきて、そのコンテクストを説明せずにその人の「地位」だけで読者を圧倒するものがある。これは決して目新しいことではないし、写真に限った話でもないのだが、端から見ていると不思議でしょうがない。

もちろんマーケットに競争が存在すればそのような状況は自然と崩れていくはずなのだが、マーケットが独占状態になっているとそのビジネスの思うがままである。そしてそこは「情報発信の場」と称され、消費者はそのビジネスが発信する情報に対する代償として「料金」を支払うことになり、先程例として挙げた「拡大効果」がどんどん増していく。

ただこのような状況が分かっていても、実際には言葉の壁があったり、現状をどう変えていけばいいのか分からない人もいると思う。 そこで写真に限った話ではあるが、こんな具体的な提案をしてみたい。

  • 海外で写真活動をする為に役立つ情報が日本語で整理されたサイトを作る
  • 情報だけにとどまらず、how-toものの記事なども掲載する
  • 海外で実際に活動をしている人と日本で活動をしている人の両方が編集に加わる
  • 基本的に全ての作業をボンランティアで行う

このサイトに来れば、世界中でどんなことが行われているかが一目で分かるようにする。どのようなリソースやチャンスがあるのかということを、できるだけ網羅して紹介する。そして情報の羅列だけにとどまらず、実体験を元にhow toものの記事を書いていけば、もっと情報の現実味が増していくだろう。

情報が整理されていれば、それぞれ自分に合った狙いを定めることもできると思う。そして一番のメリットは、表面的なことや基本的な所でつまずくことなく、自分の力を入れるべき所に労力を費やすことができるようになる点である。このようなサイトを通して物事をみるともっと世界が広がるだろうし、海外に出る一歩一歩のステップが具体的になる。

Shoot Local, Think Globalという思いで、このプロジェクトを始めたい。

(もし興味がある人はフォームから連絡をください

Written by tsuyoshi

2月 21st, 2012 at 6:23 pm

Posted in 日本写真家

コメントを残す