フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

一回目のレビューが終わって

without comments

スタジオから見える大きな空

スタジオから見える大きな空

この2週間で集中的に行なってきた第一回目のレビューがようやく終わった。4人の講師がスタジオを訪れて日本から持ち帰ってきた参加者の作品を7日間かけて各生徒のレベルに応じてどんな事が課題なのかカメラの前で語ってもらった。

今回よばれた講師も普段から教えているとはいえ、さすがに2日間もかけて22人のポートフォリオをレビューするのも簡単なことではない。話を聞いていてよくこれだけ違うことがいえるものだとさすがに感心させられる。

これは今まで量を教えてきたということもあるが、今までいろんな写真家に教わってきた経験もあるだろう。このレビューを目の前で聞いているだけで、写真を教える時の「ボキャボラリー」が増えるとともに、アメリカ写真界の系図みたいなものをとても実感した。

その一方で参加者達には今回のコースでは国や文化を超えた人に自分の写真を見せることで、各自が持っている「assumption」を浮き彫りにして、そして自覚することを通じて写真を学ぶことができないかと思う。

なかなかいい日本語が見つからずについつい「assumption」という言葉を会話で使ってしまうのだが、辞書をひくと「仮定」であったり「事実として決めていること」などという言葉が出てくる。基本的にはメガネをかけてものを見ている時に、自分がどんなレンズを通して見ているのかという例えができる。この「レンズ」が「assumption」であり、普段からかけているものだから、当然の様に自分には当たり前のように感じるものである。

そして同じ土地や文化の中で育った人には自分と似たようなメガネをかけている人がいるだろうが、これを他の文化に持ってくると、自分の使っているレンズとの「違い」を意識せずにはいられないと思う。こういう「違い」を通して、いかに自分の写真に対して客観的に見ることを勉強をして欲しいと思いそもそもこのコースの企画した。

今回一つ一つのレビューを聞いていて、いろいろ考えをまとめてみた。この点を毎月のウェビナー講義などで参加する人達とディスカッションを進めることができればと思っている。

  • 間違いなのか、それとも意図的なのか?
  • 何を撮っていて何を見せたのか、又は何を伝えたいのか?
  • まずは写真の中に写っているものを何か?
  • 写真に写っているもの同士の関連性をどのように作るのか?
  • 何が写真に写っているのか、そして写っていないのか?
  • どのように写真の表現を単調にせずに、豊かにしていくのか?
  • まだ一枚の写真を作る段階なのか、それとも残りは編集だけなのか?
  • コンセプトとアイデア/きっかけの違いとは?
  • 自分の視点という物をどのようにして表現するのか?
  • 自分が撮影している時に感じたことが、どれだけ見ている人に伝わるものなのか?
  • 作品がどの時点で完成するのか?そして作品が完成に近くなったら何するべきか?
  • 写真の中で使われているレファレンスは文化を超えて理解してもらえるのか?
  • 本当に日本人らしい写真や感性というのがあるのか?

そして撮影したビデオ自体は30時間位に及び、現在それをいかに効率よく日本語にするかということがスタジオで行なわれている。録画された「知識」をフィラデルフィアにいるスタッフやボランティアそしてドイツで翻訳を手がけている人と作業分担をしていっている。

そしてもう一つ準備をしているのが25日に始まるウェビナーである。一連の撮影を手伝ってくれたGraceと技術的なことをカバーしながら準備を始めてきた。講義の内容としては参加者が幅広く学べそうなことをピックアップした公開レビューと写真家を実際に招待して作品の紹介をインタビュー形式で行なう予定である。ONWARD Japanのブログで予告編として教材を少し見せているが、今回登場してくれる作家はStuart Romeである。今回の講師の一人であるAndreaと一緒に教えている人でもあり、ローチェスターにあるRITでJohn Pfahlから写真を学んたという経歴も持っている。

このコースを思いついてから3ヶ月後に、やっとのことで自分がやりたいと思ったプログラムの内容が形になってきた。いろんな意味で可能性を含んでいるプログラムになりそうだ。

Written by tsuyoshi

6月 22nd, 2014 at 7:54 am

ポートフォリオの重さ

with 2 comments

アパートからの景色

アパートからの景色

今回はOnwardを通して企画したグローバルコースに参加する人との面談を主な目的として帰国した。

東京に集まっている人を主に、関西にも足を延ばして全員で20名ほどの人と実際に顔を合わせ話をしてきた。このコースに参加するにあたって期待や希望を述べてもらい、どのような想い各自このコースの位置付けをしているのかということを聞きたかった。

このコースではアメリカの講師と日本の写真家を目指している人を繋げたら面白いのではないかと思いそもそも企画をしたのがきっかけであった。Facebookで作った小さなグループの間で最低限のコース内容を紹介して、興味があるかないかを聞いたところとてもとても反響があった。それをOnwardのリストに集まっている人にも聞いたら、100名以上の希望者が現れたのである。

そもそも去年参加した六甲山でのポートフォリオレビューなどに参加して一つ思うことは日本で「作品」のレベルを上げるには僕のような立場で何ができるのかということである。

ポートフォリオレビューで決定的に欠けている点は、その場でいくらアドバイスを出してあげることが出来ても、時間が短いため、その人の「文脈」みたいな所までわかりにくい事がある。その人がどのようなことを考えて、どんな作品を作ってきて、そしてこれからどこに向かおうとしているのかという「文脈」である。それを抜きにして、見せられた写真だけでアドバイスをあげるのも限界を感じるし、ある意味無責任であり、実際その人にとってどれ位役に立つのか分からない。

そんなことを言うと写真を見せに来ているのだから、それだけで判断出来ないのかと聞かれそうである。実際に写真だけで見える所もなくもなく、特に自分がやりたいことがはっきりと写真で表すことが出来ている人は正直このような場でも見たものだけで問題なく話が進むだろう。

しかし自分のやりたいことが写真でははっきりとまでできずに、ボンヤリというレベルであったり、又それを手探りで模索している人であると写真だけでは話が分からなくなる。そこで文脈がとても必要となり、そのギャップがどれ位あるのかということを考えるととても役に立つ。つまりこういう人にはレビューという機会は刺激になり、そしてこのようなことを考えるきっかけになるかもしれないが、実際その後どのようにすればいいのかという術までは教えてくれる場所ではない。

つくづく思うことであるが、「完成度」という点から見て、作品が出来ているか出来ていないかの判断はそんなに難しくないと思う。ある程度写真を見慣れている人であれば比較を通して、 ボンヤリとした輪郭は出来上がってくるのではないか。極端な言い方かもしれないが、いい悪いの「評価」は誰でも出来るのではないかと思う時が多々ある。

しかし問題なのは、まだ「出来ていない」と評価された人が実際にどのようにそこから変えていけばいいのかということを教えることが出来るひとはそういない点である。しかしこの点をサポートする術がないとその人の可能性までも摘むことになる。例えばポートフォリオレビューというイベントを写真家が生まれて成長する「生態系/エコシステム」の一部としてみると、ポートフォリオレビューという「評価をしてもらえる場」だけでは不完全なサイクルであることが分かると思う。

そしてそれを完結するものが学ぶことができる、「教育」という仕組みであろう。アメリカでポートフォリオレビューなどが成立する環境というのはアメリカでの教育の機会の膨大さと多用さにあると思う。そしてこれを支える底辺を作っているのが、全国で200近くもある大学や大学院の写真学科であるし、その一方で地域レベルで写真を興味がある人に教えている写真センターやアートセンターの役割であるのかもしれない。逆説的に言うとこのような学ぶ場所が身近にあるからこそ、評価する場がその延長線上としてあるのではないか?今回のコースはこのような位置づけで行うことができればと思っている。

今回一人一人会って面談をして思ったことは、参加者それぞれの想いを語ってもらうと自分の課題点や取り組むことをまるで友達に悩み事を相談しているように親身になって話してくれることが印象的であった。その人がそれぞれの想いで作ってきた「作品」を見ながら30分ぐらい一対一で会話をしているとそんなことを思わざるえなかった。

今回はとても重いポートフォリオをアメリカまで持ち帰ってきた。

Written by tsuyoshi

5月 26th, 2014 at 1:39 am

Posted in 日本訪問

銀塩用のデジタルネガ作成

with 9 comments

デジタルネガからの銀塩プリントのディテール

今週はChristineと一緒に銀塩用のデジタルネガを作るプロジェクトを進める。

現在使っている方法はQTRという白黒インクジェットプリント用のドライバーを使って、各プロセスに合わせたプロファイルを作り、適正なネガを作っている。利点として従来の方法に比べて細かい調整ができ、一度理解すると自分の環境に合わせた完成度が高いプロファイルを作る事ができる。

今までこの方法でプラチナプリントなどを含むオルタナティブプロセス向けにデジタルネガを作ってきたしワークショップでも使ってきた。現在アメリカでオルタナティブプロセスを行っている人はかなりの割合でデジタルネガからプリントをしている人が存在し、この数年で本当に定着した手法である。実際に周りにはデジタルネガがきっかけで、一昔までUltra Large Formatと言われる8×10以上のカメラを使っていた人が少なくなってきたのは確かである。

今回のテストプリントのスキャン

日本でも最近になってナガシマさんとこのネガに使うフィルムの販売元のピクトリコが一緒になって銀塩用のデジネガを手軽にできるように環境づくりを始めたようだ。ICCプロファイルとして用意され、ダウンロードできるようになっている。まだプロファイルを試した訳ではないが、DGSMという名前のもので実際にプリントを見せてもらった時には全く使える位の仕上がりになっていた。

前々からクボさんと銀塩用にできると応用が広がるのではないかと話をしていたが,なかなか実際にテストをするまでの時間ができなかった。ここになって銀塩用のプロファイルを作る事を集中してやってみることにする。このようなことをワークショップなどで教えていくと技術的に優れている人はどんどん自分なりにいい方法を見つけていくだろう。

一年位前に一連のテストを行ったのだが、その時いくつかの問題点が上がっていた。一つ大きな問題としてプリンターの粒状性が気になっていた。普段作るデジタルネガは主に3つのインク(K, LK, LLK)から成り立っていてこの3つのインクの突出量と各インクを切り替える時点をコントロールして階調を作っていく。オルタナティブプロセスに使う紙は基本的に西洋紙で表面が荒く解像度が高くないので,基本的にはこの時点でプラチナプリントなどは十分である。しかしバリウムのコーティングがしてあるバライタ紙にプリントするとかなり目立ってくる。

2日目を終わってこの3つのインクだけで基本的には整ったプロファイルができていく。しかし拡大したスキャンを見てみるとわかるが、プリンターのヘッダーの後が残っているのがわかる。この問題を解決する為にインク間のドットの隙間を埋める為に他のインクの色が必要になっていく。後数回繰り返していくと,実際に使えるレベルの物ができそうである。

そして、これができると光源を変えたり、他の紙にしてみたりとプロセスのほうの要素を変えて実験してみたい。特定の印画紙、光源、そしてプリンターの組み合わせでできたプロファイルがどこまでの許容範囲を持っているのかという事を調べたいと思う。

Christineは今週末から実家に帰る為次のテストは4月に入ってからということになりそうだ。

Written by tsuyoshi

3月 23rd, 2012 at 11:11 pm

Posted in デジタルネガ

Closed System

without comments

鬼海さんとSummitの手伝いをした学生ボランティアのCharles

ここ数年、日本との行き来をすることが多くなった。去年などは計算してみると合計3ヶ月を日本で過ごしたことになる。

これだけ日米両方の社会を行き来していると、いろいろと不思議に思うことが沢山ある。なかでも気になるのは、いかに日本とアメリカの間で情報が伝わっていないかという現実である。21世紀になり、インターネットで情報が飛び交う時代であるにも関わらず、なかなか情報が伝わっていないのが実情である。「一見便利になった」世の中で、ここまで「温度差」や「意識差」があるのかと驚くほどである。

もちろん場所や時間が変われば情報の価値は変わっていく。例えばフィラデルフィアで行われるコンサートの情報を、東京で活動するバンドのファンが知ってもあまり価値はないだろうし、今年の木村伊兵衛賞を誰が受賞したかという情報は、NYで写真をやっている人にはあまり価値がない。つまり、ここで問題にしたい「情報」とは、その場所(local)の流行などや、現在行われていること(timely)に限定された情報のことではない。

情報のなかでも更新のサイクルが長いものが沢山ある。前回書いた「form&content」のように写真やアートの見方などの情報は、時間が経っても変わる訳ではない。アメリカのアート教育では当たり前のように使われているコンセプトやツールであるにも関わらず、日本では全くと言っていいほど知られていない。またはアーティストがどのようにして自分の作品を世の中に出していくのかなどの情報も最近では簡単に手に入るようになってきた。実際にGoogleで「marketing for artist」と検索すると、1億件ほどサイトが見つかるほど話題性があるのに、その「話題性」みたいなものが同じ温度で日本に伝わっていないのだ。

今は情報を得るチャンネルとしてFacebookやツイッターを含む、ソーシャルネットワークやブログの役割が大きくなってきている。少し前まではテレビのニュースから得ていた情報をこれらの方法で得ることも珍しくない。ただ問題なのは、これらの情報がとても「歪んでいる/schew」という点である。普通の人のアカウントに現れる「つぶやき」の半分は、全ユーザーの0.05%(2万人)の人から発信されているそうだ。このことからも、少数の人の意見がいかに拡大され、消費されているのかが分かる。また最近日本でも話題になったが、サイトで見られるレビューが実は操作されているという現実もある。ここまでインターネットの裏で情報が売買されている時代になって、「中立な情報」はないと思った方が正しい。

さらに問題なのは、このような「情報のバキューム」を利用してビジネスが成り立っているという事実である。つまり外で起こっている物事や状況を人々が知らないことを前提にしたビジネスモデルが存在し、この時代になってもまかり通っているのである。例えば海外の情報を「専門家」として教えるものがあったり、海外で「有名な人」を連れてきて、そのコンテクストを説明せずにその人の「地位」だけで読者を圧倒するものがある。これは決して目新しいことではないし、写真に限った話でもないのだが、端から見ていると不思議でしょうがない。

もちろんマーケットに競争が存在すればそのような状況は自然と崩れていくはずなのだが、マーケットが独占状態になっているとそのビジネスの思うがままである。そしてそこは「情報発信の場」と称され、消費者はそのビジネスが発信する情報に対する代償として「料金」を支払うことになり、先程例として挙げた「拡大効果」がどんどん増していく。

ただこのような状況が分かっていても、実際には言葉の壁があったり、現状をどう変えていけばいいのか分からない人もいると思う。 そこで写真に限った話ではあるが、こんな具体的な提案をしてみたい。

  • 海外で写真活動をする為に役立つ情報が日本語で整理されたサイトを作る
  • 情報だけにとどまらず、how-toものの記事なども掲載する
  • 海外で実際に活動をしている人と日本で活動をしている人の両方が編集に加わる
  • 基本的に全ての作業をボンランティアで行う

このサイトに来れば、世界中でどんなことが行われているかが一目で分かるようにする。どのようなリソースやチャンスがあるのかということを、できるだけ網羅して紹介する。そして情報の羅列だけにとどまらず、実体験を元にhow toものの記事を書いていけば、もっと情報の現実味が増していくだろう。

情報が整理されていれば、それぞれ自分に合った狙いを定めることもできると思う。そして一番のメリットは、表面的なことや基本的な所でつまずくことなく、自分の力を入れるべき所に労力を費やすことができるようになる点である。このようなサイトを通して物事をみるともっと世界が広がるだろうし、海外に出る一歩一歩のステップが具体的になる。

Shoot Local, Think Globalという思いで、このプロジェクトを始めたい。

(もし興味がある人はフォームから連絡をください

Written by tsuyoshi

2月 21st, 2012 at 6:23 pm

Posted in 日本写真家

Form and Content

without comments

写真やアートを見る時に、ただ漠然と見るよりは何らかの「物差し」があると見ているものに対する評価が具体的になっていく。そして具体的になっていくと、感覚や感性などという主観だけでなく、客観的に比較する事ができ、全く違った感覚を持っている人とも理解を共有できるようになる。

その「物差し」となるのが、Form&Contentである。この見方を最初に学んだのは、10年も前に参加したAndrea Modicaのワークショップだった。

FormとContentというのは、色々なアートを批評するのに日常使われている「物差し」のひとつである。Contentというのは「内容」を意味し、写真の場合には実際に写っているものである。Formというのはその「内容」を写真の構造上、そして視覚的に支えているもので、例えば、構図・フレーミングやプリントの仕方などである。これらはどのように内容を「見せているか」ということ全般に関わる。

このように説明をすると少し話が難しくなるので、クラスを教えている時などは「what」と「how」に分けて話をする。「what」というのが内容であり、「なに」が写っているのか、そして「how」は方法であり、「どう」写っているのかを指すのだと簡単に説明をする。そうすると少し取っ付きやすくなるようだ。

「what」の極端で典型的な例として報道写真がある。報道写真は、実際の「内容/content/what」が見る人に分かる程度写っていれば成立することが多い。つまり、内容の持っている「力」があまりにも大きい為、実際にどう撮られたのかが影響を及ぼすことが少ない。

典型的な「how」の写真の例はなかなかないのだが、例えばアート写真が挙げられるだろう。最近亡くなった人だが、Jan Grooverという写真家がいる。彼女の代表的な作品はキッチンにあるものを撮った静物写真である。このような写真を見ると、内容はともかく、構図、光、色など、写真家が「どう撮った/form/how」ということが重要になってくる。ある意味「内容が無い」写真といっても過言ではない。

このように、「what」と「how」の写真は対局するものなのであるが、それを0から10までのスケールにしてどちらの比重が大きいのかと考えると分かりやすい。白黒はっきりするというのではなく、どちらの方に近いかとという感覚である。

そして「いい写真/成功している写真」というのは、このFormとContentのバランスがとれているもの、つまりスケールの5に当たるものである。被写体の力だけでなく、また写真家が決定する方法だけではなく、両方のバランスがとれていて、お互いの関係がうまく作用した写真のことを指す。

このようなスケールで写真をみると、その写真の「方向性」が見えてくる。自分の写真が客観的に「どちらに偏っているのか」が分かり、何が足りないのかを意識できる。もちろん先程の報道写真やJan Grooverの写真は極端な例であり、実際には中間のどこかに収まる写真の方が多いであろう。

毎回初心者のクラスで説明することだが、写真というのはもともとカメラの前にあるものを「正確に」描写するため、「what」というのは大概の場合は問題なく存在している。ただ、その「正確な描写」だけに頼るところが多く、実際にどのように撮ったら効果的かという部分まで考えが及ばない写真が歴史的にみてもほとんどであるというのが問題なのだ。家族旅行の写真(英語でいうsnap写真)や何かの記録の為に撮った写真(documentation)はこの類に入る。もちろん全ての写真がFormとContentのバランスをとる必要などは無く、それそれでその写真の役割を果たしていればいいと思う。

しかし写真を使って「作品」などを作っている場合はまた違い、このようなクリティカルな考え方や見方がとても重要になってくる。まずは自分の写真や他の人の写真を見る時に0から10のスケールに入るのか考えてみることが良いトレーニングになると思う。そしてどのような「要素/element」がどちらに属するのかということをリストアップしていくともっと明確になるだろう。

このような方法で今までぼやっとしていたものに輪郭をつけると、いろいろなレベルでの理解に繋がるのではないか。今まで好きか嫌いかの主観でしか話せなかったことを、もっと「建設的/constructive」に話せるようになると思う。

写真やアートを見る時にただ漠然と見るよりは何らかの「物差し」があると見ているものの評価が具体的になっていく。そして具来的になっていくと感覚や感性などという主観だけでなく、客観的に比べる事ができそして理解を全く違った感覚を持っている人とも共有できる。

gc-form-content

Written by tsuyoshi

1月 26th, 2012 at 8:10 am

大晦日

without comments

 

今年は日本との行き来が多い年だった。

そして毎回来る度に、関わっているプロジェクトが少しずつ違うのも特徴。という事で今日は新宿でキカイさんと来年フィラデルフィアで行われるイベントの打ち合わせ。年末の新宿は沢山の人混みで、その中を歩いていった喫茶店で話しをする。

今回は新しい試みとして、ONWARD Compéの審査員を行ったTodd Hidoとキカイさんを招いて、ONWARD Summitというイベントを2月に行う。そのイベントの準備を2ヶ月位前から行ってきた。レクチャーとネットワーキングを兼ねたイベントで場所なども借りて、少し規模を大きくしたイベントである。丁度フィラデルフィア美術館で来月の半ばから行われるZoe Straussの展示についても、彼女とキュレーターのPeterと一緒にプレゼンターとして参加してくれるという事で、地元の話題もカバーしてバランスがとれたものになりそうだ。

アメリカを発つ前も,先日行われるプライベートパーティーを開いてくれる家での打ち合わせをしてきた。スタジオでクラスをとってくれた人で、町の中にあるモダンな家を開放して協力をしれくれるとの事。料理の事やそこで行われる小さな展示についての細かい事を話す。

このようなサポーターや今まで話しを続けてきた便利堂などもできる範囲でサポートしてくれるという事で,いろんな人ととの繋がりで形になっていく。

イベントまで後一ヶ月である。

Written by tsuyoshi

12月 30th, 2011 at 6:36 pm

Posted in 日本訪問

ビジネスモデル

without comments

友達をお昼を食べている時に、「学校っていうビジネスモデルこれからは通じないのでは?」なんて聞かれた。

確かに今はインターネットを見ると「学ぶ」という機会を見つける事はとても容易い。個人のブログから、製品を作っている企業や小売店など知識をコンテンツとして広める事で成り立っているものが多いからであろう。そういう環境を考えると、お金を払って教えてもらうというのはこれからなくなってしまうのではないのかと思うほどである。

そんな事を考えながらでは何を次ぎに考えればいいのかという問いがどうしてもでてくる。このような課題をこの3ヶ月位スタッフと機会がある度に話しをしてきた。今のモデルから徐々に変えていくとしたらどのような可能性があるのだろうと。

そのような事を考えている時に、HPがコンピューターを製造販売する部門をスピンオフさせるというニュースを聞く。世界のシェアーでは一番大きいのにも関わらず、利率の悪い部門でこのようなビジネスモデルは続かないと思ったのであろう。その悪い利率というのは6%とと言われ、日本の企業の利益率を考えると、決して低い数字ではないかと思う。ちなみに絶好調なアップルは20%以上である。

そして新しい方針として、ソフトウェアーの会社を買い取りビジネスの中心にしていくようだ。まさにIBMが行った改革と一緒であり,その大きな改革のおかげでIBMはとても好調である。

さてこれはテクノロジー系の大きな会社の話しであって、うちの様な小さなビジネスに当てはまるかというのが疑問でもあるが、とにかく次なるビジネスモデルを考えていくのは重要な課題であろう。来年からは少しずつこのような試みをしていくつもりである。

Written by tsuyoshi

9月 19th, 2011 at 10:59 pm