フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

京都便利堂訪問

without comments

Niigata, 2010

ワークショップの準備に時間がかかりもっと早く訪れる事ができると思ったが、実際に京都に着いたのは木曜日の昼を過ぎていた。一昨年の秋に訪れてから、毎回日本に来るときは時間を作って便利堂に寄っている。水面下で進んでいる今後のプロジェクトの為という事もあるが、便利堂のコロタイプをもう少し効率よく作る事ができないかという事を考えている。

その一貫として工房ではデジタルネガを導入するテストの手伝いをしている。今まで職人さんの勘に頼っていた製版のプロセスをデジタルネガを使う事によって安定したジェラチン版を作る事と作業の合理化をするのが目的である。今回も前回同様デジタル担当の加藤さんとネガ作り、製版そして印刷と一連の作業を一緒に進めていく。その傍ら工房長の山本さんもいたため、実際に立ち会える所は顔をだしてもらい、テストの過程に加わった。

今回は小さいながらもプリンターを導入したという事で便利堂さんにあるプリンターのテストを進めていく。新しく作ったプロファイルを早速インストールし、新しいチャートを数値を変え刷っていく。このようなテストをするときはオーバーとアンダー物を含めると実際にどのように変わっていくかという事が目に見えとても役に立つ。そういう意味でも分かっていても使える物と使えない物をも作っていく。

次の日には出来上がってきた版を使い実際に刷って版の出来具合を確かめる。コロタイプはこの印刷の時点での変化の要素がとてもあり、オペレーターがどのようにインクを入れるかなどで同じ版からまったく濃度の違うプリントができてしまう。もちろんここがコロタイプの特徴で短所でもあるが長所でもある。あまりにも自由度が高く、元々オフセットの経験がある加藤さんもこのような基準を作る事が無駄だと思っていたほどである。しかし基準的なネガができていればそれにこした事はないし、そうする事によっていちいち苦労しなくてもある程度のプリントができると考えている。

加藤さんと食事をしていた時に話していた事だが、全ての仕事が100%のものを要求される訳ではないと常に思っている。80%でいい物もあれば100%のものを作るべきの仕事もある。実際に便利堂の仕事でも利幅の幅がかなりあるようだ。実際の数字はよくわからないが、僕の予想としてはどうしても数を刷る物は自社で売る商品を作らない限り作業の工程上なかなか採算が合わない。その一方美術品の複製を作る一点物などは利幅が高く時間もかける事がでるのではないかと思う。これからコロタイプが生き残っていくにはこのような一点物の印刷をもっとやる必要があり、そこでこそ職人さんの持っている技術としても、そしてビジネス的にもコロタイプの長所が生きてくる。このような住み分けをできる様にするにはどうしても安定した版を作る事が必要になる。デジタルの安定さを使い、80%でいい物をいかに難しくなく作る事をめざす。

前回も感じていた事だが、この様に職人気質ある所で作業をしていくと、数値的な裏付けがある理論と人間の長年培われてきた経験や感覚という物が相反するというダイナミックが生まれる時がたまにある。実際に便利堂で作業をしている時は、一つの結論や意見が出たときに実際にどのようなモードで考えているのかという事を考え、人の意見を聞くようにしている。なにもどちらが万全という訳ではなく、いかに状況によってこのような考え方を使い分けるかという事がいつも重要だと思っている。この辺りのバランスをうまくとる事を心がけなければならないと思う。

さすがに版から印刷までどうしても一日かかる作業なので、2日では時間が足らず最後の結果までは見ることができなかった。ただ2日目のテストを見ての工房の人の話しを聞いていると、どうやらいい方向にすすでいる様な感触が得れたので、今回はここまででいいのではないかと思う。後は春に来た時にどれ位進んでいるかに興味があるところだ。

Written by tsuyoshi

1月 28th, 2010 at 9:37 am

久しぶりの仕事場

without comments

今年は日本にいた時間が長かった為だろう、久しぶりに息抜きができフィラデルフィアに帰ってくるのがとても新鮮に感じられた。

新しい年というよりは、今までの仕事場に長い休暇後すっきりと帰って来れたという感じである。これを機会にスタジオの上にあるリビングルーム兼オフィスの環境を少し整理して変えてみようと試みをする。課題などは山ほどありきりがないのだが、今年のキーワードはorganizeとfocus。整理整頓をして集中するのに役立てようという訳である。

まずはコンピュータ周りから始める。さすがにこの前でさすがに毎日のほとんどの時間を過ごすため、とても大事な環境である。かなり前からノートブックにモニターを一つ繋げデュアルモニターにしてスクリーンスペースを広げていた。こんな環境に一度慣れてしまうと元戻りはできなく、正直言って日本にいる時にノートブックだけで生活する事がなかなか大変である。

ただこの方法だといろんなアプリケーションを一度に開いている時スクリーンの面積が足りなくなる事は解消されていたが、今度は一度に沢山の情報が入りすぎてきて集中できないという事に気付いた。常に開いているウィンドーは、メール、カレンダー、ブラウザー、そして作業しているソフトで最低4つある。前々からノートブックを使いモニターを3つ繋げることができないかと考えていたが、どうしてもデスクトップに移行するしかなさそうだとあきらめていた。

そこで見つけたのが、USBのポートを使いもう一つモニターを繋げる事ができるアダプターである。おかげで現在ノートブックに22インチのモニターを2つ繋げている。

現在行っている作業を目の前のモニターに持ってくる。そして他のメールやブラウザーを左右端のモニターに移動してみる。こんな単純な違いだけでも一番目に入ってくるウィンドーをコントロールする事ができ今やってる作業に集中できる。そして左右にあるメールやブラウザーの作業になると「首を右左に向ける」必要が出てきて、一つの区切りができる。実際に経験してみないと分かってもらえないが、なかなか効果的で左右のスクリーンは視界の端にしか写らず気が取られず、結果として情報に溺れているという感覚が無くなる。

去年の秋位からiPodなども使い始めた為どうしても机の上にいろいろなケーブルが絡まってくる。そこで今までテンキーがないという理由で使ってこなかったwirelessのキーボードを持ち出す。表計算には欠かせないテンキーもwirelessのものを調達してき、これでコンピューターの周りがすっきりしてくる。

後はコンピューター上の情報の整理という事で、いろいろなソフトを試している。コンピューターを使い作業をしているといろんな形で情報が入ってき、どうしても整理するという事がとても困難になってくる。その一方色々ソリューションが考えだされビジネスチャンスにもなっているようだ。

先月からうちのオフィスで試験的に使っているのはHighriseというCustomer Relation Managementのサービスである。スタジオではいろいろな形で生徒や先生達から連絡が入って来て、オフィスのアシスタントやボランティアの人などがいろいろな形で受ける。このやり取りを集中させる事によってコミュニケーションの効率を上げると同時に個人的にカスタマイズする必要があると前々から考えていた。調べた結果比較的簡単そうでかつ有効そうなものがこのHighriseであった。

基本的にはアドレスブックなのだが、それ以上にメールや会話などのメモを全てここに集中する事によって誰が見ても前回話した内容が把握できるように整理してくれる。ある生徒からの電話での会話を1ヶ月後まで覚えておくのは大変難しいが、その人のコンタクトを見ると今までの全てのメールでのやり取りが整理されている。自分で整理する必要などもなく、返信する際にbccの欄などに決められたメールアドレスに送るだけで後は全てやってくれる。

いちいちbccにアドレスを付け加えるのはおっくうと思い検索してみると、AppleのMailで特定のアドレスに自動的にbccすることもできる。ちょっとターミナルのコマンドをいじるだけでこの機能を付け加えることができた。これで使っているユーザーの作業は全くと言っていいほどない。今後スタジオが成長していく過程で、このようなソフトはなくてはならない物になっていくだろう。

そして最近使い始めたEvernoteというデジタル情報整理のソフトもある。デスクトップ上でもブラウザーでも必要なデジタル情報を全て放り込むことができ、その後タグなどで整理していく。iPod用のappもあり、整理した情報をてのうちに収める事もできる。今の時代の様にいろんな形のデジタルファイルを普段から使うとアプリケーションやファイルの形を超えて総括的に整理するという事が問題になっていく。もちろんそれをOS上でできる様になればいいのだが、まだそこまで柔軟度がない様な気がする。

こんな見近な整理整頓から2010年が始まる。

Written by tsuyoshi

1月 25th, 2010 at 2:27 am

Posted in 身の回り

物を作るスピード

without comments

日本に着き、久保さんとのデジタルネガとプラチナプリントのワークショップを無事に終わらせた後、今月の頭にフィラデルフィアに訪れてくれたユーコさんと鎌倉に写真を撮りにいく。前回鎌倉に来たのは15年前位の話しである。

とても天気がよく、12月とは思えない陽気であった。鎌倉には何度も訪れた事があるが、江ノ島には行った事がないと思い、今回訪れてみる。小さな島の中を8×10のカメラと三脚をゴロゴロと引き、岩場で釣りをしている人や何気ない風景を数枚撮影する。

何を求めている訳でもないが、ただ何となくいいかなという物を写真として撮っていく。こんな陽気で海のそばで写真を撮っているのは気分がいい。これほどのんびり撮影する機会はないが、自分にとって撮影やプリントはセラピーのようなものである。来年こそはこのような時間をフィラデルフィアにいてももっと作る努力をしたい。

その後鎌倉の路地を歩いていくと鎌倉彫を売っている小さなお店を見つけた。とてもこじんまりとしているが、家の作りに引かれ、ちょっと入ってみる。そこでは亡くなった旦那さんが作った物を中心にして売っている小さな商いで、今年は不況という事で全く売れていない様な事をおばさんに聞く。

日本の地方を訪ねる時はこの様な工芸店を見つけては寄る。珠洲に行った時には珠洲焼きを、輪島に行く時は輪島塗を少ないながらも買ってきている。高価で工芸品という様な誇らしい物を買うのではなく、素朴で自分の感性に合った物を探すだけである。そして基本的には実際にアメリカでの日常で使える物しか買わないことにしている。

一見簡単そうでな作業だがじつはなかなか気に入った物が見つからない。そして出来上がって買った時の仕上がりなどに満足するというよりは、使っていくうちの過程で起こる変化に興味があり、1−2年後の表面のてかりや様子を想像するのが実は楽しい。

実際にうちには珠洲焼きの湯のみがいくつかあるが、今年買ってきた物と去年買ってきた物では個人的に使う頻度が違う。大勢の人などにお茶を出す時はそこまで構っていられないし、それほど意識してる訳ではないのだが、新しい物のてかりに「小さな照れ」みたいな物を感じ、長く使っている湯のみに手が出る。

このような工芸品を作っていくにはとても時間がかかり、生産性や経済性という点でなかなかバランスがとれるものではない。僕は自分のプリントを積極的に売っている訳ではないが、実際に手作りでプリントなんかをしているとそんな事を常に感じる。だからこそ、このような物を見ると安い買い物をした様な気がしてしょうがない。

以下のビデオは友達が送ってきてくれた物であるが、本を印刷から製本まで作り上げてく様子である。早送りすると6分も満たないが、実際にかかった時間がどれ位なのかとついつい考えてしまう。この辺の住み分けがうまくできないのかと常に考えている。

Written by tsuyoshi

12月 26th, 2009 at 5:31 pm

移動中

without comments

Sketchupで書いたスタジオの様子

今年はこれで6回目になるが、この12時間の飛行時間にはなかなか慣れない。なるたけ仕事を持ち込んで忙しくしている。

フィラデルフィアからは東京への直通の便がないため、乗り継ぎが必要になる。大体ミネアポリスかデトロイトで乗り継ぎをするのだが、その中継地点では必ずスタジオとのやり取りをする。スカイプ越しに最終的な確認と、僕の移動中待てない質問のやり取りなどをAnneとしていく。来年には僕が使っているデルタ航空の国内線にはWiFiが完備されるとの事。そうすればもう少しコミュニケーションが環境がよくなりそうだ。

国際線の飛行機に乗ってからは、スタジオのスペースのデザインを始める。最近ダウンロードしたSketchupという3Dのソフトを使い、改修されていない残りのスペースを描いていく。大体の寸法などを決めていき、どのように残りのスペースを有効に使っていくかを考える作業である。

このビルには大体35坪位のスペースに一階と二階と手がつけられずに残っているだが、今までは工具や機材そして建築用の資材で埋まっていた。そこにテンポラリーにでもこの春までにコンピュータールームを作れないかという事を考え始めた。今はギャラリーとコンピューターがある教室が兼ね合っているが、イベントの度にこのセットアップをたたむ必要がありなかなか大変な作業である。そしてこのコンピューターの部屋を分ける事によって、二つのクラスが同時進行する事も可能になる。そこで今月の頭にAlが中心となりボランティア4−5人に手伝ってもらい2日かけ完全に整理した。

そこにちょうどギャラリーのスペースがきれいになるのを見計らった様に、いつも大工仕事を手伝いをしてくれるMargeの都合がとれて、フィラデルフィア来ることになる。元々は違う所の作業をしてもらおうと思っていたが、新しいスペースを作る方に興味を示し、工事を始める。実際に発つ翌日まで彼女と工事の作業を進めていた。僕がフィラデルフィアを発ってからも滞在し自分でできる作業を進めている。日本に着いてからもSketchupで作った物を設計図として彼女とのやり取りに使い、お互いの考えている事を細かい所まで確認できる。

12時間後成田について早速便利堂の鈴木さんと東京駅で落ち合う約束をする。鈴木さんは今日まで東京で出張で、今夜京都に帰るという事で、この日と見計らって会う約束をしていた。9月にロビンと工房を訪れて以来の再会である、東京駅の構内の中華料理やで今までの進展の話しを聞く。いろいろな計画があるが、前回携わったデジネガの導入と、Library of Congressに所蔵されているプリントの複製を作るプロジェクトが話しの中心である。そして来月の半ばにはまた京都に訪れる事を約束。また楽しい滞在になりそうだ。

東京の実家に着いた頃にはフィラデルフィアのスタジオを出てきてから24時間が過ぎていた。

違う側面からのビュー

Written by tsuyoshi

12月 25th, 2009 at 3:54 am

立て続きのイベント

without comments

meeting

ミーティングに参加するボランティア達

先月の半ば法事の為に一度帰国し、帰ってきてからはイベントが立て続けで、忙しい日が続いた。休む日もなくこのまま今週また日本に帰ることになりそうだ。

日本から帰ってきた次の週にはhome schoolの子供を対象としたピンホールワークショップを行う。一ヶ月位前から手伝い始めたGrishaと一緒に準備をした物で、実際にカメラを作ってもらい、そして撮影するという物である。このようなワークショップは初めてなので実際にどうなるかと思ったが、子供達も参加した親もとても気に入ってくれた。

そしてその次の週にはDebbie Fleming Cafferyを迎えONWARDの審査、レクチャー、そしてワークショップを行う。レクチャーの方はワークショップに参加する人やフィラデルフィアの写真関係の人が集まり、ギャラリーが人で一杯になる。AndreaやPhotoReviewのStephenも来てくれて、なかなかの顔ぶれであった。その後スタッフやFriends of Project Bashoメンバーの人をアパートに誘い、Debbieと夕食パーティー。この様に写真を通して人が集まってくれるのはいつになってもうれしい。

その数日前にDebbieが審査したONWARDは、毎年応募される作品の質が上がっていっているのがよく分かる。今年で3年目、去年と同じ位の参加者が集まった。毎回審査する人によって趣が変わるのが当たり前なのだが、今回の特徴としては全体的に少ない人数だが、選ばれた人は一点だけではなく数点選ばれている人が沢山いる。結果から言うと、「作品」という事を意識しているものが選ばれた。発表は来週、そして2月から始まるショーはとても楽しみである。

そして今週はFundraising Print Sale&Silent Auctionを行う。毎年行っているイベントで寄付されたプリントを売り、その資金で新しいプロジェクトのを立ち上げる物である。一ヶ月以上前から準備していたイベントだったが、イベント立て続けに行われたからか、思う様には人が集まらなかった。それでもプリントを買ってくれる人や、自分のプラチナプリントを買ってくれる人達が少ないながらもいた。このような人達がこのスタジオを支えていると実感させられる。

そしてボランティア達の自主的に活動をし始めたようで、最初のミーティングに顔を出す。Grishaが提案した物で、2週間に一回集まり、自分たちの作品を見せ合ったり、自分たちの知っている知識を分け合う場を設ける予定だ。いつもボランティアの人達にはスタジオを利用して欲しいと思っているが、なかなかそこまで自主的にやろうという動きがなかった為、興味を持って見ている。もちろん僕が教えることができるものもあるし、このような自主的に始まった草の根的な活動がどのように発展していくかがとても楽しみである。

今週は日本に帰り、久保さんとのデジタルネガとプラチナプリントのワークショップ。先月帰国した時に立ち上げたサイトを通して人が集まってきているようで、なによりである。今回の滞在中にはこの日本でのプロジェクトをいかに長く続けていくかという事をある程度の形にする予定。

今は温泉でゆっくりして、写真でも撮りたい。8×10のフィルムはとにかく沢山もって行こうと思っている。

ワークショップに参加した子供達

ピンホール・ワークショップに参加した子供達

久しぶりのショー

without comments

takashiArai_dag-11

2週間ほど前から準備をしてきた新井君のショーの準備ができる。

後は明日のDaguerreian Societyのツアーやオープニングを待つのみ。今回は本当に久しぶりのショーという事もあり、かなり準備に時間がかかる。去年はこれを年に5回やっていたのかと、自分のやった事の驚かされる。額を作ったり、大型のプリントをスキャンから起こしたりと、相変わらず作業の幅が広い。その過程で色々学ぶ事は多く、それが自分の物として残っていく。

気付くと、今年の頭に準備をしたショーとは全く違った人達がこのショーの準備に携わっている。スタジオに出入りしているボランティアの顔ぶれもだいぶ変わった。変わらないのはスタジオと自分だけの様な気がした。前進しているのか、それとも停滞しているのかよくわからない、今日この頃。

この数年連絡が全くなかった友達からのメール。週末に写真家のボーイフレンドとスタジオを訪れたいとの内容。フィラデルフィアの写真を変えた気持ちはどうかなどと聞かれる。励ましの言葉なのだろうが、正直解釈に困る。この場所ができた事によって何が変わったのだろうかとまじめに考えてしまう。

後一ヶ月後には日本。今は時間とスペースが欲しい。

ONWARD ’10の発表

without comments

ONWARD '10のロゴ

ONWARD '10のロゴ

今年もONWARDコンペの時期がきた。

2年前にギャラリーができて最初に行ったショーであり、毎年かなり力を入れ、うちの活動の一貫として宣伝してきた。そのおかげか、最初の年は280、そして2年目の去年は400の応募者が集まった。もちろん選ぶ人の色でがらりと変わるが、年明けに行うショーは毎年確実にレベルの高い物になってきているし,フィラデルフィアに写真家を目指す人達が集まるイベントになってきている。

今年で3年目になり、今回はDebbie Fleming Cafferyを審査員として呼ぶ。彼女はAndreaのように、アメリカでは実力派の中堅写真家である。主に生まれ育ったルイジアナ州で撮った作品と、最近ではメキシコで撮られた作品が知られている。前から彼女の写真が好きで実際顔を合わせた事がないが、一度彼女のワークショップをとりたいと思っていた。彼女との滞在に合わせて、フィラデルフィアでのレクチャーとワークショップを企画している。

そして今回はFlakphotoがmedia sponsorとして参加する。このサイトを運営しているAndyとはこの頃になって色々やり取りをする様になった。Wisconsin Historical Societyで働いているようで、最初に連絡を取り合った時に昔このWHSで働いていたPaul Vanderbiltのことで盛り上がる(彼はLibrary of CongressでFarm Security Administrationの写真を整理した人として有名である)。今回Debbieが選んだ作品を彼がまた選択をしてFlakPhotoに紹介するという物である。彼は日本とのつながりがあり、今月フィラデルフィアを訪れるテラウチさんが出版しているPhato Photoにも毎月新しい写真家を紹介している。

今回は日本からの応募者が増えて欲しいと思っている。日本から新しい写真を感じさせられる作品が来てくれると面白くなる。こういう形で日本の若手の写真も紹介したいと前々から考えていた。

Facebookのページを作りFanを募る。2日間で200人近いFanができる。締め切りまで一ヶ月ちょっと。どんな作品が送られてくるか楽しみである。

ONWARD on Facebook