フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

大小の新しい物

with 2 comments

carrier

アメリカに帰ってきて早速導入した物がある。

一つ目はエプソンの大型プリンターで9880(日本の型番で9550)。前々から欲しいと思っていたのだが、さすがに一度に$5000という出費は大きすぎ、どのように工面しようか考えていた。そんな時に引っ越しをする友達が売りたいと連絡をしてきた。実際に話してみるとまだ売る決心が付いてないらしく、交渉の結果無期限でリースをする事に落ち着く。

そんな訳でうちのスタジオの大きなプリンターが運びこまれた。まだ設定する場所なども決まっていないが、11月に行う新井君のショーではこのプリンターを早速使って作品を何枚か作る予定になっている。日本を発つ前の日にピクトリコで見せてもらった、White Filmにカラープリントを印刷してみたい。先週から加わったTylerがproduction assistantとして一緒に、スキャンから全てスタジオでおこなってみようというもので、新井君の今年撮ったダゲレオと一緒に展示される予定である。11月に行われるDaguerreian Society のシンポジウムと一緒に行われる企画展で、楽しみなプロジェクトである。

この様に機材が増えてくると、どうしてもコンピューター専用の部屋が必要になってくる。来週は大工のマージーも加わり拡張工事の準備をする予定。表の大きなドアなどもそろそろ注文しなければならない。

そしてもう一つは小さな物で、6×12用のネガキャリアー。今まで撮ってきた6×12のカラーネガをプリントする為に作ってもらった。元々の6×6位のキャリアーを寸法通り開けてもらっただけなのだが、実際に出来上がるまで1ヶ月以上かかった。前から友達がショップが落ち着き次第手伝ってくれると言っていたが、彼もいろいろと多忙なので、今回日本に来る前に加工屋さんにオーダーしておく。これで今まで撮り続けていた6×12のプリントができるようになる。10-12インチ幅位のロール紙で、早速カラープリントを作ってみたい。

これでプリントを作る時に使える機材が増え、できる事の幅が広くなる。こういう物を使って写真を作れる場に人が集まり、そこで又新しい事が生まれる。それがこのスタジオの基本である。

epson9880

時差ぼけの中、South Jerseyへ

without comments

フィラデルフィアに帰ってきてから、時差ぼけを直すためゆっくり仕事に取りかかる。

スタジオ番をしていたAnneに今までの事を報告してもらい、これからの計画を立てる。今回も生徒の集まりがうまくいっているようだ。この冬に招待するDebbie Fleming CafferyポートレートのワークショップFrance Scully Osterman湿版中級のワークショップなどもすでに定員の半分位の人が集まっている。このままいくと今年の生徒の数が200を超える位になるだろう。

一方ONWARDのコンペの準備をしているErinにスポンサーの集まり状況や、Debbieが行うレクチャー行うに関しての他の団体との連携などの進み具合を聞く。こちらも思ったより進んでいるようで、後はサイトと印刷物の準備ができれば発表できるだろう。日本でデザインを頼んでいるDanielとも連日の様にスカイプで細かい指示を出したり、今回メディアスポンサーになったFlak PhotoのAndyとも細かい調整をしていく。

週末はこの頃写真を撮っているSouth Jerseyのほうに一泊しに行く。来月にここで行うワークショップの下見と、時差ぼけを直しに来た。6月位から毎週の様に通いだした所で、今までかなりの距離を走って、いろいろな所を見て撮影してきた。フィラデルフィアから1時間位と比較的近く、Cape Mayなどの海岸沿いの町のように観光客などが集まらない、とてもゆっくりとし落ち着いた所である。

この辺りはwet landとかmarsh landと呼ばれていて、ようは湿地帯が広がる所として知られている。Delaware湾に面し、反対側はDelaware州になっている。歴史的にこの辺りでは牡蠣や他の貝類などを始めとする漁業などがとても栄えていた所であるそうだ。前回から泊まっているFortescueという小さな町も昔はboard walkがあるような19世紀のから20世紀の半ばまでの避暑地として人を集めていた。今ではそんな面影も残さずにひっそりとしていて、今ではこの辺りからボートをチャーターして釣りに出る人でにぎわうようである。

湿地帯という事でこの辺りはとてつもなく真っ平らで、アメリカの土地の大きさを感じさせられる。行く所を行く所、ほとんど車も通ってなく片一方に広大な農業地が広がり、それを抜けていくと視野一杯に湿地帯が広がる。木なども何もなくとにかく、一見緑の芝が延々と続く風景である。町にいつもいる僕なんかにはとても不思議な風景にしか見えない。毎回同じ様な風景を見ているが、ここまで広がりをもつ風景を見るだけでも、心が落ち着く。

夜、レストランを出た後に星が出ているのに気付く。前回来た時は曇りで全く夜の空などは見ることができなかったが、思えば今日は雲一つない晴天だった。暗闇の中車を30分ほど走らせ、展望台などがある湿地帯の真ん中に来る。辺りは全く真っ暗で、水平線上にフィラデルフィアなどの都市からの灯りがうっすら見える。そして上を見ると満天の星が見える。あまりにも星が見えすぎて、今まで見たとことなかった天の川までが見える。一ヶ月滞在した日本から帰って来て数日で、こんな自然のまっただ中にいるのが不思議に感じられた。

Written by tsuyoshi

9月 23rd, 2009 at 5:49 pm

珠洲での撮影

without comments

20年ぶりに開けてもらった銭湯。

20年ぶりに開けてもらい、撮影した銭湯。

京都を昼過ぎに発ち、蛸島に着いたのは夜8時近くだった。昼に連絡を入れていた市の観光課の高林さんに連絡し、早速食事の為に宿で落ち合う。1年ぶりに会った高林さんは相変わらず仕事に熱心な人である。

今年も蛸島の祭りの撮影をしにきた。去年も8×10を持って祭りに参加している人のポートレートを撮りたいと思ったが、さすがに7×17のカメラを持っていたので,4×5に落ち着く。ただ実際に撮影をしてみると、やはり8×10を持ってきたいと思い、今回はロビンと一緒に珠洲に来た。

珠洲市だけでもこのようなキリコが出てくる祭りはいくつかある。実際に今週末は東隣の寺家という町、そして西隣の正院という所でもお祭りがある。今回の滞在中どうして蛸島の祭りに来たのかという事を聞かれた事が何度かあった。特に大した理由がないのだが,9月中に撮影旅行を企画するという事で,リサーチ中に蛸島の祭りを知る様になった。

前回は偶然に寄ったお祭りだったが、祭りの力強さと、いかに地元に密着しているかという事を感じさせられる。確かに衣装などはとても派手であるが、祭り全体の派手さというよりも、ある意味「地味さ」というものに引かれる。今回なども観察していてそんなにも観光客が多い訳ではなく、本当に地元の人が地元の人の為に楽しんでいるということがわかる。

早速久保さんプリントしてくれた写真を持ち歩き、去年撮影した人を捜す事から始める。去年はとても偶発的に名前も何も聞かず撮影させてもらったので,撮影した人が誰であるか全く分からない。ただ町自体は小さいので,人をたどっていくとすぐに人は見つかる。最初に日は全員が全員出てきている訳ではないが、撮影をした全ての人を探すことができた。明日の撮影のことを知らせ,今年も写真を撮らして欲しいと伝える。

2日目になると参加者も増え、祭りがにぎやかになっていく。昼前からこのキリコを町中うねり回り夜の10時ぐらいにやっと神社に戻ってくるという、一見単純に聞こえるが、実際にはとても時間をかけて町中を回る。昼過ぎに神主さんに聞いた所すでに1時間位予定より遅れていると言っていた。

この間に町で何カ所か場所を設け、持ってきた白いバックを貼り撮影場を作る。このセットに人を連れてきて、短い時間のうちに一人2枚位撮影させてもらう。リラックスしている人や照れる人などいろいろであり、こういう人達と写真を作り上げていく過程はとても楽しい。さすがに8×10にもなるとさっと取れる訳ではなく、その人の表情や衣装などを見ながら、その場でどう撮りたいかという事を決めていく。

こんな感じで、5時間で50枚辺り撮影した。最後には日が落ち始め、キリコにも明かりが灯り、鮮やかになっていく。この夜も神社でキリコが全て入ってくるまで見ていたが、みんな楽しそうにキリコを担いでいる。来年は是非参加してみたい。

去年撮影した人との再会。Photo by Robin Tsukada

去年撮影した人との再会。Photo by Robin Tsukada

Written by tsuyoshi

9月 20th, 2009 at 3:39 pm

京都便利堂にて

without comments

今回テストしたClarence Whiteのイメージ。Photo by Robin Tsukada

今回テストしたClarence Whiteのイメージ。Photo by Robin Tsukada

今回の滞在中は山本さんが出張という事で、主に加藤さんと一緒にデジタルネガのテストの作業を進めていく

加藤さんは、もともと便利堂の中でオフセットを担当していたので、プリントの作業を数値化していくというのは比較的に感覚として分かりやすいのではということである。先週、アンドレアと一緒に便利堂を訪れた時に山本さんに紹介してもらい、今回付きっきりでQTRの仕組みなどを説明していった。

1日目は会社に着いた時には既に夕方になっていたので、とにかく朝クボさんの所でプリントアウトしたネガを渡し製版をしてもらう。先週からチャートを刷るのを担当している竹内さんや、製版を長く担当している中沢さんも会議に加わり、いかにコロタイプを刷っていく過程で,いろいろな要素があるのかという事を説明してもらう。普段印刷している人の間で使っている,ボキャボラリーや感覚に慣れるために、写真的な観念に置き換えたり、その仕組みを分かる為に気になる言葉を一つ一つ確認していく。

2日目は翌日に作った版を使い実際に印刷をしていく。竹内さんと加藤さんが一緒になりコロ機を動かし、用意された一つの版から一回刷と二回刷りのテストを刷っていく。先週のテストからカーブをはじき出したが,それは二回刷の物で行った。便利堂では数物をする時は二回刷りするのが当たり前になっているようで、これがコロタイプの宿命的な物であると説明をうけた。オフセットとは違い、最初に刷った物と200枚目に刷られた物ではかなりの濃度差が出るようで、これを順序逆に二度刷る事によって平均化しているのである。

竹内さんが作業を進めていく途中にどのような版が刷りやすいかという事を説明してくれる。乾いている版を水とグリセリンに浸けておくのだが,そのぬめり具合などを確認しながら版の具合を確認していく。どれ位固いインクが入り易いかという事で実際に印刷の善し悪しが決まる。そして実際にインクを入れてみて,その入り具合に寄って実際に刷る時にどのようにしていくかという事を決めるようだ。そしてインクの固さやそして版の濡れ具合に寄って,実際のプリントの濃度がどんどん変わっていく。今回のテストでは一つの版から多くても20枚位しか刷らなかったが,版画使われていく度に版の状況が変わり、それを判断し印刷する人がいろいろな方法で仕上がりを一定にするというものである。

この様に細かい説明を聞いていくと、あまりにもプリントの時点で自由自在に操る事ができ、このようにチャートを作っていく事すら意味のない様に聞こえてくる事が多々あるが、逆に言うといかに版の出来上がりにバラ付きがあり,印刷の時点でその版を補う様にプリントをしているかということがわかる。プラチナプリントする人のネガの調子にバラつきがあり、プリントの時点で露光時間やコントラストを変え悪戦苦闘しているという事と変わりはない。今回この様に話しを聞けば聞くほど、いかに安定した版を作るという事が大切で,それができていればある程度反復性のあるプロセスだという事がわかった。

3日目の午前中は、写真部の岩村さんも加わり、印刷された物をスキャンして実際のチャートのずれをまた見ていく。そのずれからトーンカーブをはじき出す事も説明する。実際にスキャンをして,いちいちグレーの数値を読み込んでいく作業である。最近知った方法でこのプロセスを自動化するスクリプトこのとを話したり,後は二つのトーンカーブを一つにまとめる方法なども紹介する。正直言ってフォトショップは普段から使っている人ほど熟知している訳ではないが、要所要所でこの様に便利な方法を押さえる為に常に情報を吸収している。

今回のテストの結果を見て,山本さんも早速プリンターを購入するという事を決めた。かなり期待ができるのでないかと思ってくれたようだ。今回この様にデジタルネガを使うようすると大きく3つの利点がある。まずはできてくる版が安定して,印刷の時点で苦労しなくてもいいという事。これは時間短縮につながり、もう少しコストパフォーマンスが高くなるだろう。そしてこの様にデジタルファイルで入稿できる様になると,世界から受注できる様になる。今までオリジナルを撮影するしか方法がなかったが今回の方法でその過程を省くことができる。これは新しいマーケットを開拓していくにはどうしても必要な事である。

そして、自分として興味があった所として、作業過程のいろんな条件を数値化して知ることができるという事である。今まで職人さん達が感覚的に分かっている事は経験上のカンでしか分からなかったのだが、その感覚を数値化する事によってもっと裏付けのある物にしたいと考えた。職人さんの感覚をいかに理解して,数値に置き換えられるか,又は置き換えられないかという事を見極めることができないかという思いがあり、先週山本さんに会い話しをした時にもコロタイプを作る過程でどのような不確定要素があるのか、そしてどれ位の変化をもたらすかという事を、夜居酒屋にいる短い時間で、自分なりに理解しようとした。もちろんコロタイプを長い間やっている訳ではないので,細かい所まで理解する事は到底無理であるが、今までいろんなオルタナティブプロセスをやってきた僕なりに提案できるものはある。

今回のテストでは時間がなかったが次回は使うdichromateを変えて階調をもっと広くすることができるか是非試してみたい。基本的にはammonium dichromateの方がコントラストが低く感光性が高いので、この辺はテストをする価値があると、素人ながら思う。この辺はこの秋にゴム印画などでテストをして,実際にできた物を見せる事によって,山本さんの協力を得たいと思っている。

この様にお互いの持っているノウハウを生かし、より高画質のそして合理化されたコロタイプを作りたいと思っている。と同時にコロタイプの新しい利用方法を色々模索して行きたい。

仕上がりを確認する武内さん。Photo by Robin Tsukada

仕上がりを確認する竹内さん。Photo by Robin Tsukada

Written by tsuyoshi

9月 16th, 2009 at 9:00 pm

旅は続く

without comments

2つ目のワークショップにも人が集まり、とても楽しい時間が過ごせた。

この様に人とのネットワークができていくのもワークショップを教える楽しさでもあり、そして何より参加者が楽しんで新しい事や、考え方を学んでくれるというのが,うれしい事である。

翌日の朝には久保さんの暗室を借りてデジタルネガの出力をする。これは先週から行っている便利堂とのテストの物で、今日から京都に3日ほど滞在する。第一回目のテストが土曜日に帰ってきたのそれをスキャンしてトーンカーブを作っていく。実際はもう一回位テストをしたい所だが京都で同じプリンターを使って出力ができないという事で、かなりカンで幅広く用意する。そして今回はグレーチャートだけではなく、Library of Congressで見て来たClarence Whiteのイメージのネガも準備する。そもそも今回のデジタルネガのテストはこの写真をコロタイプで表現できないかというのがきっかけであり,便利堂に持ち込んだ話しである。

この春に久保さんと一緒に訪れた時に見せてもらった一連のClarence Whiteの写真がある。プラチナで作られた最終的なプリントもあれば、ベタとしてつくられたサイアノのプリントもあり、彼がプリント時点で何を考えていたのかという事をなぞれる様なほど、同じイメージにしてもバージョンが沢山ある。今回はこのコレクションのほとんどが解像度の高いスキャンされている状態であるというので、キュレータのVernaにデータをダウンロードさせてもらった。このようのにデータで入校できると便利堂の仕事の幅も広がるのではないかと思う。

その後には石川の珠洲に向かう。今回は参加者が集まらなかったが,蛸島の祭りを撮り行く予定である。前回は4×5のカメラでランダムに撮ってきたので,今回は白のバックドロップまで持ち込み,8×10で撮影を試みようと思っている。今回大阪で行ったアンドレアのワークショップで通訳をしながらポートレートについて学んだ事が沢山あり、とても役に立った。それを実際にこの撮影で生かすことができたらと思っている。

そして今回着いていくる事になったロビン。彼とは6月にフィラデルフィアを出てから久しぶりに会った。つい2−3日前に中国から帰ってきたばかりで、日本国内をあまり旅行した事がないというので一緒に来ることになった。実際は、また無茶な旅にかり出されるといった感じであろうか。

日本から長い間離れているということを感覚的に分った上で話せる人に会える事はそんなにない。その中でロビンは中国でも育ったことがあるので,ある意味「日本の感覚」から離れている所があり、とても気楽に話せる。実際に二人の会話なども英語でやり取りする事のほうが圧倒的に多い。会話のテンポ、考え方など、そして他の人と話す様にいちいちassumptionを確認する作業がなく、こちらの方が「感覚的」に近い物があるのだろう。

今日は一日中便利堂でQTRの使い方を教え、昨日入稿したテストの印刷の作業を見せてもらう。そして夜は出張から帰ってくる山本さんと鈴木さんを無理矢理に誘い、京都でのボーリング大会。今日も1日楽しみである。

東京での滞在

without comments

日本に来てから既に2週間が経つ。この間久保さんとワークショップを一つこなし,その後アンドレアと大阪で専門学校とワークショップを行って、帰りに京都で少し観光をしてきた。

今回の滞在は一ヶ月と一見長い様にも思えるが,ワークショップやその為に実際にかかる準備、1週間の旅行が2回とという予定が入ってくると時間がたらなくなってくるのを実感する。それ以外にもビジネスではない家族や友達と会う予定などを入れてくると予定がとても過密になる。いつも思う事だがこのバランスがとても難しい。

滞在中は東京にある実家をベースにしている。この家はアメリカに来るまで生まれた時から住んでいた家で、実際に通っていた小学校や中学校が5分も歩かない所に今でもある。もちろんその時の友達などは家から半径1キロも行かない位の所に集まっていたので,遊ぶ時などは近くの公園が集まり場になっていた。そして学校や仕事の為に行動範囲が広くなると,最寄りの駅まで自転車で毎日の様に通っていた。本当に生まれ育った「場所」という感じである。

日本に帰ってくる度に自分の近所の写真をゆっくり散歩をしながら写真が撮れないかと思ってきた。ある意味自分の記憶をなぞっていく様な物だ。建物などは相当変わっていて、どのような道があるという事は分かっていても、全く風景が違う。だが実際に帰ってくると家でじっとしている事などなく他の予定に後回しにされているのが現状である。

ある朝、4時半位にコンピューターの音で目が覚め、フィラデルフィアでスタジオ番をしているAnneとチャットでやり取りを行った。スタジオで起こっているのことの報告であったり、新学期の人の集まり様,そして細かい質問などを確認していく。それから1時間位してから用件が終わり、またうとうとと眠り始めた。眠りが浅かったのだろう、その時にとても鮮明な夢を見た。あまりにもの鮮明さに実際に経験している様な錯覚をするほどであった。特に夢に対して意味や神秘性みたいな物を感じている訳ではないが,特に興味あったのがその「新鮮さ」であった。

高校の時に聞いていたラジオで夢の研究をしている人とのインタビューを今でも覚えている。その研究者はただ夢を研究しているだけではなく,いかに夢を見ているという事を自覚し,夢を自分の思う様にコントロールする為の装置を開発している人であった。

その夢を見た後にその事を思い出し,早速検索をしてみるとlucid dreamという言葉で夢をコントロールする事に付いていろいろでてくる。ついでにはその10年以上も前に聞いたラジオの研究者が初めたであろうと思われるスタンフォード大学にあるLucidity Instituteという所まで出てきた。特別な才能が必要な訳ではなく、どんな人でも訓練をすればできるもだそうだ。早速本を買ったので試してみようと思う。

子供の時から夢ばかり大きいとよく周りの人の笑われていた事がある。でも夢がなかったらこのような人生を歩まなかっただろうし、Project Bashoもなかったと考えると夢の力は大きい。今度は夢を実現する為に、夢の中で先に実現してみよう思う。

Written by tsuyoshi

9月 2nd, 2009 at 7:05 pm

大型スキャナーの登場

without comments

Screen製のCezanne

やっとの事で大型スキャナーが稼働した。

去年の秋にこのスキャナーとワークステーションと一緒に譲ってもらった。インターネットのフォーラムで活躍していたスキャニングについてとても詳しい人が持っていた物だ。去年の春辺りに彼の体の具合が悪くなり、実際に会うことができず去年の夏には亡くなってしまった。とても興味があり去年の春にその人が教えていたワークショップを予定であった。とても残念である。

そもそもこのスキャナーが欲しかった理由としてはデジタルネガを作り始めたかったからである。ちょうど一年位前にデジタルネガを使っていろいろなプロジェクトができない物かと考えだし始めたのがきっかけである。もちろん自分の作品にも使いたいと思っていたが、他にも利用価値がないかと考えていた。

アメリカではフィルムで撮ってこの様な高性能スキャナーでスキャンしてデジタルで出力するというのが特にファインアートの作品を作っている人達には一つの方法として定まりつつある。アナログインプットでデジタルアウトプットというわけだ。貸しラボにいってImaconなどのスキャナーを使ったり、ラムダプリントなどがよく使われているのもそのトレンドを物語っている。そして一方でアナログでプリントをする人でもデジタルネガを作り、最終的に銀塩やオルタナティブプロセスなどでプリントをしている。

このスキャナーは大日本印刷が販売していたスキャナーで元々2万ドル位した物である。今では印刷業会もスキャナーがあまり必要でないのでこのように中古市場で売買されている。大判専用のスキャナーと35mmや中判などにも使えるスキャナーを別々に買うとなるとこのような製版用のスキャナーの方はコストパフォーマンスが高くなる。

新しいスキャナーが出る度にインターネットなどでレビューをみるがプロスーマーのスキャナーの性能の向上というのはある意味どんぐりの背比べみたいなところがある。比べてみてくれれば分かるが、プロスーマーのスキャナーにはどうしても限界があり、このようなスキャナーを使うと格段とクオリティーの差がつく。

このスキャナーを引き取りにニューハンプシャーまで片道9時間かけアシスタントとドライブをした。そして実際にフィラデルフィア持ってきたのはよかったが、その後ハードドライブが壊れてしまって、スキャナーなどのソフトを失い、それを一つ一つ直すのに今まで時間がかかった。SCSIカードのドライバーの相性などがあり、コンピューターを立ち上げる度にカーネルパニックが起こり、正直言って参っていた。

こちらに来るまでは全てがうまく稼働していたと分かっているので、時間がある時にはコンピューターのシステムを入れ替えたり、ドライバーを探したりなど地道に作業をしてた。このようなことを延々と繰り返した後、今週ハードウェアーとの相性の問題が解決した。そしていじくっている間にソフトの方の問題も解決していく。問題を解決した後に考えてみると当たり前の様に簡単な事が、解決策を探している時にははっきりと見えない。

後はスキャナーのソフトの調節の部分を学べば、今までプリントしたかったが何かしら問題のあったネガをデジタルで作ることができる。日本に帰る前には一度QTRを使ってネガを作ってプリントしてみたい。

そして秋には亡くなった人と一緒にスキャナーのワークショップを教えていたMichael Mutanskyをよんで、スキャンニングのワークショップを行おうと企画している。春にも人を集めようかと思ったが宣伝不足の為か人が集まらなかった。今回はこのスキャナーと一緒に宣伝をしてなんとか人を集めたいものだ。