フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

Archive for the ‘デジタルネガ’ Category

銀塩用のデジタルネガ作成

with 9 comments

デジタルネガからの銀塩プリントのディテール

今週はChristineと一緒に銀塩用のデジタルネガを作るプロジェクトを進める。

現在使っている方法はQTRという白黒インクジェットプリント用のドライバーを使って、各プロセスに合わせたプロファイルを作り、適正なネガを作っている。利点として従来の方法に比べて細かい調整ができ、一度理解すると自分の環境に合わせた完成度が高いプロファイルを作る事ができる。

今までこの方法でプラチナプリントなどを含むオルタナティブプロセス向けにデジタルネガを作ってきたしワークショップでも使ってきた。現在アメリカでオルタナティブプロセスを行っている人はかなりの割合でデジタルネガからプリントをしている人が存在し、この数年で本当に定着した手法である。実際に周りにはデジタルネガがきっかけで、一昔までUltra Large Formatと言われる8×10以上のカメラを使っていた人が少なくなってきたのは確かである。

今回のテストプリントのスキャン

日本でも最近になってナガシマさんとこのネガに使うフィルムの販売元のピクトリコが一緒になって銀塩用のデジネガを手軽にできるように環境づくりを始めたようだ。ICCプロファイルとして用意され、ダウンロードできるようになっている。まだプロファイルを試した訳ではないが、DGSMという名前のもので実際にプリントを見せてもらった時には全く使える位の仕上がりになっていた。

前々からクボさんと銀塩用にできると応用が広がるのではないかと話をしていたが,なかなか実際にテストをするまでの時間ができなかった。ここになって銀塩用のプロファイルを作る事を集中してやってみることにする。このようなことをワークショップなどで教えていくと技術的に優れている人はどんどん自分なりにいい方法を見つけていくだろう。

一年位前に一連のテストを行ったのだが、その時いくつかの問題点が上がっていた。一つ大きな問題としてプリンターの粒状性が気になっていた。普段作るデジタルネガは主に3つのインク(K, LK, LLK)から成り立っていてこの3つのインクの突出量と各インクを切り替える時点をコントロールして階調を作っていく。オルタナティブプロセスに使う紙は基本的に西洋紙で表面が荒く解像度が高くないので,基本的にはこの時点でプラチナプリントなどは十分である。しかしバリウムのコーティングがしてあるバライタ紙にプリントするとかなり目立ってくる。

2日目を終わってこの3つのインクだけで基本的には整ったプロファイルができていく。しかし拡大したスキャンを見てみるとわかるが、プリンターのヘッダーの後が残っているのがわかる。この問題を解決する為にインク間のドットの隙間を埋める為に他のインクの色が必要になっていく。後数回繰り返していくと,実際に使えるレベルの物ができそうである。

そして、これができると光源を変えたり、他の紙にしてみたりとプロセスのほうの要素を変えて実験してみたい。特定の印画紙、光源、そしてプリンターの組み合わせでできたプロファイルがどこまでの許容範囲を持っているのかという事を調べたいと思う。

Christineは今週末から実家に帰る為次のテストは4月に入ってからということになりそうだ。

Written by tsuyoshi

3月 23rd, 2012 at 11:11 pm

Posted in デジタルネガ

移動中

without comments

Sketchupで書いたスタジオの様子

今年はこれで6回目になるが、この12時間の飛行時間にはなかなか慣れない。なるたけ仕事を持ち込んで忙しくしている。

フィラデルフィアからは東京への直通の便がないため、乗り継ぎが必要になる。大体ミネアポリスかデトロイトで乗り継ぎをするのだが、その中継地点では必ずスタジオとのやり取りをする。スカイプ越しに最終的な確認と、僕の移動中待てない質問のやり取りなどをAnneとしていく。来年には僕が使っているデルタ航空の国内線にはWiFiが完備されるとの事。そうすればもう少しコミュニケーションが環境がよくなりそうだ。

国際線の飛行機に乗ってからは、スタジオのスペースのデザインを始める。最近ダウンロードしたSketchupという3Dのソフトを使い、改修されていない残りのスペースを描いていく。大体の寸法などを決めていき、どのように残りのスペースを有効に使っていくかを考える作業である。

このビルには大体35坪位のスペースに一階と二階と手がつけられずに残っているだが、今までは工具や機材そして建築用の資材で埋まっていた。そこにテンポラリーにでもこの春までにコンピュータールームを作れないかという事を考え始めた。今はギャラリーとコンピューターがある教室が兼ね合っているが、イベントの度にこのセットアップをたたむ必要がありなかなか大変な作業である。そしてこのコンピューターの部屋を分ける事によって、二つのクラスが同時進行する事も可能になる。そこで今月の頭にAlが中心となりボランティア4−5人に手伝ってもらい2日かけ完全に整理した。

そこにちょうどギャラリーのスペースがきれいになるのを見計らった様に、いつも大工仕事を手伝いをしてくれるMargeの都合がとれて、フィラデルフィア来ることになる。元々は違う所の作業をしてもらおうと思っていたが、新しいスペースを作る方に興味を示し、工事を始める。実際に発つ翌日まで彼女と工事の作業を進めていた。僕がフィラデルフィアを発ってからも滞在し自分でできる作業を進めている。日本に着いてからもSketchupで作った物を設計図として彼女とのやり取りに使い、お互いの考えている事を細かい所まで確認できる。

12時間後成田について早速便利堂の鈴木さんと東京駅で落ち合う約束をする。鈴木さんは今日まで東京で出張で、今夜京都に帰るという事で、この日と見計らって会う約束をしていた。9月にロビンと工房を訪れて以来の再会である、東京駅の構内の中華料理やで今までの進展の話しを聞く。いろいろな計画があるが、前回携わったデジネガの導入と、Library of Congressに所蔵されているプリントの複製を作るプロジェクトが話しの中心である。そして来月の半ばにはまた京都に訪れる事を約束。また楽しい滞在になりそうだ。

東京の実家に着いた頃にはフィラデルフィアのスタジオを出てきてから24時間が過ぎていた。

違う側面からのビュー

Written by tsuyoshi

12月 25th, 2009 at 3:54 am

立て続きのイベント

without comments

meeting

ミーティングに参加するボランティア達

先月の半ば法事の為に一度帰国し、帰ってきてからはイベントが立て続けで、忙しい日が続いた。休む日もなくこのまま今週また日本に帰ることになりそうだ。

日本から帰ってきた次の週にはhome schoolの子供を対象としたピンホールワークショップを行う。一ヶ月位前から手伝い始めたGrishaと一緒に準備をした物で、実際にカメラを作ってもらい、そして撮影するという物である。このようなワークショップは初めてなので実際にどうなるかと思ったが、子供達も参加した親もとても気に入ってくれた。

そしてその次の週にはDebbie Fleming Cafferyを迎えONWARDの審査、レクチャー、そしてワークショップを行う。レクチャーの方はワークショップに参加する人やフィラデルフィアの写真関係の人が集まり、ギャラリーが人で一杯になる。AndreaやPhotoReviewのStephenも来てくれて、なかなかの顔ぶれであった。その後スタッフやFriends of Project Bashoメンバーの人をアパートに誘い、Debbieと夕食パーティー。この様に写真を通して人が集まってくれるのはいつになってもうれしい。

その数日前にDebbieが審査したONWARDは、毎年応募される作品の質が上がっていっているのがよく分かる。今年で3年目、去年と同じ位の参加者が集まった。毎回審査する人によって趣が変わるのが当たり前なのだが、今回の特徴としては全体的に少ない人数だが、選ばれた人は一点だけではなく数点選ばれている人が沢山いる。結果から言うと、「作品」という事を意識しているものが選ばれた。発表は来週、そして2月から始まるショーはとても楽しみである。

そして今週はFundraising Print Sale&Silent Auctionを行う。毎年行っているイベントで寄付されたプリントを売り、その資金で新しいプロジェクトのを立ち上げる物である。一ヶ月以上前から準備していたイベントだったが、イベント立て続けに行われたからか、思う様には人が集まらなかった。それでもプリントを買ってくれる人や、自分のプラチナプリントを買ってくれる人達が少ないながらもいた。このような人達がこのスタジオを支えていると実感させられる。

そしてボランティア達の自主的に活動をし始めたようで、最初のミーティングに顔を出す。Grishaが提案した物で、2週間に一回集まり、自分たちの作品を見せ合ったり、自分たちの知っている知識を分け合う場を設ける予定だ。いつもボランティアの人達にはスタジオを利用して欲しいと思っているが、なかなかそこまで自主的にやろうという動きがなかった為、興味を持って見ている。もちろん僕が教えることができるものもあるし、このような自主的に始まった草の根的な活動がどのように発展していくかがとても楽しみである。

今週は日本に帰り、久保さんとのデジタルネガとプラチナプリントのワークショップ。先月帰国した時に立ち上げたサイトを通して人が集まってきているようで、なによりである。今回の滞在中にはこの日本でのプロジェクトをいかに長く続けていくかという事をある程度の形にする予定。

今は温泉でゆっくりして、写真でも撮りたい。8×10のフィルムはとにかく沢山もって行こうと思っている。

ワークショップに参加した子供達

ピンホール・ワークショップに参加した子供達

大型スキャナーの登場

without comments

Screen製のCezanne

やっとの事で大型スキャナーが稼働した。

去年の秋にこのスキャナーとワークステーションと一緒に譲ってもらった。インターネットのフォーラムで活躍していたスキャニングについてとても詳しい人が持っていた物だ。去年の春辺りに彼の体の具合が悪くなり、実際に会うことができず去年の夏には亡くなってしまった。とても興味があり去年の春にその人が教えていたワークショップを予定であった。とても残念である。

そもそもこのスキャナーが欲しかった理由としてはデジタルネガを作り始めたかったからである。ちょうど一年位前にデジタルネガを使っていろいろなプロジェクトができない物かと考えだし始めたのがきっかけである。もちろん自分の作品にも使いたいと思っていたが、他にも利用価値がないかと考えていた。

アメリカではフィルムで撮ってこの様な高性能スキャナーでスキャンしてデジタルで出力するというのが特にファインアートの作品を作っている人達には一つの方法として定まりつつある。アナログインプットでデジタルアウトプットというわけだ。貸しラボにいってImaconなどのスキャナーを使ったり、ラムダプリントなどがよく使われているのもそのトレンドを物語っている。そして一方でアナログでプリントをする人でもデジタルネガを作り、最終的に銀塩やオルタナティブプロセスなどでプリントをしている。

このスキャナーは大日本印刷が販売していたスキャナーで元々2万ドル位した物である。今では印刷業会もスキャナーがあまり必要でないのでこのように中古市場で売買されている。大判専用のスキャナーと35mmや中判などにも使えるスキャナーを別々に買うとなるとこのような製版用のスキャナーの方はコストパフォーマンスが高くなる。

新しいスキャナーが出る度にインターネットなどでレビューをみるがプロスーマーのスキャナーの性能の向上というのはある意味どんぐりの背比べみたいなところがある。比べてみてくれれば分かるが、プロスーマーのスキャナーにはどうしても限界があり、このようなスキャナーを使うと格段とクオリティーの差がつく。

このスキャナーを引き取りにニューハンプシャーまで片道9時間かけアシスタントとドライブをした。そして実際にフィラデルフィア持ってきたのはよかったが、その後ハードドライブが壊れてしまって、スキャナーなどのソフトを失い、それを一つ一つ直すのに今まで時間がかかった。SCSIカードのドライバーの相性などがあり、コンピューターを立ち上げる度にカーネルパニックが起こり、正直言って参っていた。

こちらに来るまでは全てがうまく稼働していたと分かっているので、時間がある時にはコンピューターのシステムを入れ替えたり、ドライバーを探したりなど地道に作業をしてた。このようなことを延々と繰り返した後、今週ハードウェアーとの相性の問題が解決した。そしていじくっている間にソフトの方の問題も解決していく。問題を解決した後に考えてみると当たり前の様に簡単な事が、解決策を探している時にははっきりと見えない。

後はスキャナーのソフトの調節の部分を学べば、今までプリントしたかったが何かしら問題のあったネガをデジタルで作ることができる。日本に帰る前には一度QTRを使ってネガを作ってプリントしてみたい。

そして秋には亡くなった人と一緒にスキャナーのワークショップを教えていたMichael Mutanskyをよんで、スキャンニングのワークショップを行おうと企画している。春にも人を集めようかと思ったが宣伝不足の為か人が集まらなかった。今回はこのスキャナーと一緒に宣伝をしてなんとか人を集めたいものだ。

Ron Reederのデジタルネガのワークショップを終えて

without comments

ron_digitalneg

RonとDCから訪れた参加者。

5月の終わりにRon Reederをシアトルからよんでデジタルネガを作るワークショップを行った。

この近辺でこのようなワークショップを積極的に行っている所があまりないので、ある程度人が集まるかと思ったのもあるが、実際のとこを自分自身が学んでみたかったというのが大きな動機であった。デジタルとアナログをつなぐ大きなポイントかと前々から分かっていたが、なかなか始めることができずここまで来た。ワークショップもかなり人が集まってくれて、日本からはクボさんがそして最後に飛び入りでマルヤマさんのアシスタントの北村君も参加して8人も集まった。

実際にワークショップでネガを作ってみるとどうしてもプロファイルを作るのに時間がかかり、参加者の人は少しまいっていた様な感じであったが、一度プロファイルができるとプリントがどんどん出てくる。露光時間も一緒でコントラストの調整も一定である。今までプリントの時点でテストプリントを重ねて時間をかけていたのが何かと思うほどである。

もちろんネガの調子や多い焼きなど手を加えられるという事の他にも、もう一つの利点として、僕の様にいろいろなフォーマットで写真を撮っている人には後でサイズを変えることがある。よくある事にあの時あのサイズで撮っておけばよかったと思う時が度々ある。最初から比較的小さなフォーマットで撮り後でサイズを変え8×10などに変えるのも方法の一つかと思う。

今まで何度かデジタルネガのプリントを見て来たが、一番きれいであったのがKerikのプリントでQTRを使った物であった。キャノンのカメラで撮ったものをそのままネガで出力していて、プラチナやガムオーバーでプリントを作っていた物だった。Epsonの3800でプリントしていたものだ。

今回のワークショップでは細かい所までの調整はしなかったが、ワークショップの説明を聞きながら何が重要な点かという事を学んだ。実際にオルタナティブをやっている人にはかなり利用されているので、すぐにでも作り始めたい。実際プリントをしたいがネガの状態が良くない物が沢山ある。後は実際にネガを作ってみる過程でいろいろな事を学ぶのだろう。

クボさんはカーボンワークショップに続いて今年二回目の参加。

クボさんはカーボンワークショップに続いて今年二回目の参加。

社会科見学

without comments

日本に着いてから早速ミカさんと一緒に出版社や出版に関係している人に立て続けに会う。

いろいろな立場の人から話を聞き日本での写真集出版の事情をリサーチするのが目的である。具体的な数字、ビジネスの内容や何を考えているのか、そして僕たちがどのようなことができるのか、などということをざっくばらんに話す。感触としてはどこも肯定的で協力してくれるようであった。

そんな事を二人で4日ほど行った後、月曜日には久保さんも引き連れて京都の便利堂に向かう。便利堂の鈴木さんには前々から久保さんとミカさんとで訪れる予定を伝えておいた。そこにミカさんの紹介で奈良でギャラリーを営んでいる野村さんと京都の大学で勉強している山下さんとが合流する。

お昼を食べて便利堂に訪れた時には2時で、それから山本さん達が行う工房の説明などを兼ね3時間位お邪魔をする。来る度に便利堂の技術そしてそれに対しての誇りなどに感心させられる。いろんな過程がありそれぞれの部門で働いている人と話すと、自分のやっている事に誇りを持っていることがすぐわかる。

その後、時差ぼけの睡魔に襲われながらも鈴木さんと山本さん達と一緒にお酒を飲み、技術的なことや、どのようにしてCollotypeの存在をもっと知ってもらうかという事を延々と話す。席での山本さんがCollotypeについて語っている顔が忘れられない。これだけ自分のやっている仕事を熱心に語れるという事ができる人が今の社会にどれくらいいるのだろうか?

鈴木さんには来年の3月に行われるAIPADの見学を兼ねてアメリカに来てほしいと誘い、山本さんには5月に行われるデジタルネガのワークショップに誘いをかける。このような機会で便利堂も学べる事は沢山あり、そして僕が協力できることもある。

その次の日には大阪にでてThird Gallery Ayaの綾さんを3人で訪れる。綾さんとはNYのICPで行われたオープニングで一度お会いしている。綾さんの所では前ミカさんが紹介してくれた日下部さんの作品を見せてもらう。サイトでしか見た事なかったが実際に見てみるとますますフィラデルフィアに持って来れないかと思う。近いうちに実現したい。

このように写真を通してアメリカと日本の間のこの距離を縮められないか?人、技術、物、そしてアイデアの行き来をもっと活発にできないかということをいつからかよく考えるようになった。そこにはどちらの世界も、言葉や文化の違いを障害とせず自由に行き来できる僕の役割がでてくる。そしてこれがミカさんと行おうとしているビジネスのコンセプトでもある。

新大阪の駅で久保さんとビールを飲みながら少し個人的な事まで話をする。今回は久保さんと過ごせる時間が沢山あり、仕事の事だけではない話をする余裕も出てきた。

そして久保さんと別れた後一路九州へ向かう。