フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

Archive for the ‘日本写真家’ Category

Closed System

without comments

鬼海さんとSummitの手伝いをした学生ボランティアのCharles

ここ数年、日本との行き来をすることが多くなった。去年などは計算してみると合計3ヶ月を日本で過ごしたことになる。

これだけ日米両方の社会を行き来していると、いろいろと不思議に思うことが沢山ある。なかでも気になるのは、いかに日本とアメリカの間で情報が伝わっていないかという現実である。21世紀になり、インターネットで情報が飛び交う時代であるにも関わらず、なかなか情報が伝わっていないのが実情である。「一見便利になった」世の中で、ここまで「温度差」や「意識差」があるのかと驚くほどである。

もちろん場所や時間が変われば情報の価値は変わっていく。例えばフィラデルフィアで行われるコンサートの情報を、東京で活動するバンドのファンが知ってもあまり価値はないだろうし、今年の木村伊兵衛賞を誰が受賞したかという情報は、NYで写真をやっている人にはあまり価値がない。つまり、ここで問題にしたい「情報」とは、その場所(local)の流行などや、現在行われていること(timely)に限定された情報のことではない。

情報のなかでも更新のサイクルが長いものが沢山ある。前回書いた「form&content」のように写真やアートの見方などの情報は、時間が経っても変わる訳ではない。アメリカのアート教育では当たり前のように使われているコンセプトやツールであるにも関わらず、日本では全くと言っていいほど知られていない。またはアーティストがどのようにして自分の作品を世の中に出していくのかなどの情報も最近では簡単に手に入るようになってきた。実際にGoogleで「marketing for artist」と検索すると、1億件ほどサイトが見つかるほど話題性があるのに、その「話題性」みたいなものが同じ温度で日本に伝わっていないのだ。

今は情報を得るチャンネルとしてFacebookやツイッターを含む、ソーシャルネットワークやブログの役割が大きくなってきている。少し前まではテレビのニュースから得ていた情報をこれらの方法で得ることも珍しくない。ただ問題なのは、これらの情報がとても「歪んでいる/schew」という点である。普通の人のアカウントに現れる「つぶやき」の半分は、全ユーザーの0.05%(2万人)の人から発信されているそうだ。このことからも、少数の人の意見がいかに拡大され、消費されているのかが分かる。また最近日本でも話題になったが、サイトで見られるレビューが実は操作されているという現実もある。ここまでインターネットの裏で情報が売買されている時代になって、「中立な情報」はないと思った方が正しい。

さらに問題なのは、このような「情報のバキューム」を利用してビジネスが成り立っているという事実である。つまり外で起こっている物事や状況を人々が知らないことを前提にしたビジネスモデルが存在し、この時代になってもまかり通っているのである。例えば海外の情報を「専門家」として教えるものがあったり、海外で「有名な人」を連れてきて、そのコンテクストを説明せずにその人の「地位」だけで読者を圧倒するものがある。これは決して目新しいことではないし、写真に限った話でもないのだが、端から見ていると不思議でしょうがない。

もちろんマーケットに競争が存在すればそのような状況は自然と崩れていくはずなのだが、マーケットが独占状態になっているとそのビジネスの思うがままである。そしてそこは「情報発信の場」と称され、消費者はそのビジネスが発信する情報に対する代償として「料金」を支払うことになり、先程例として挙げた「拡大効果」がどんどん増していく。

ただこのような状況が分かっていても、実際には言葉の壁があったり、現状をどう変えていけばいいのか分からない人もいると思う。 そこで写真に限った話ではあるが、こんな具体的な提案をしてみたい。

  • 海外で写真活動をする為に役立つ情報が日本語で整理されたサイトを作る
  • 情報だけにとどまらず、how-toものの記事なども掲載する
  • 海外で実際に活動をしている人と日本で活動をしている人の両方が編集に加わる
  • 基本的に全ての作業をボンランティアで行う

このサイトに来れば、世界中でどんなことが行われているかが一目で分かるようにする。どのようなリソースやチャンスがあるのかということを、できるだけ網羅して紹介する。そして情報の羅列だけにとどまらず、実体験を元にhow toものの記事を書いていけば、もっと情報の現実味が増していくだろう。

情報が整理されていれば、それぞれ自分に合った狙いを定めることもできると思う。そして一番のメリットは、表面的なことや基本的な所でつまずくことなく、自分の力を入れるべき所に労力を費やすことができるようになる点である。このようなサイトを通して物事をみるともっと世界が広がるだろうし、海外に出る一歩一歩のステップが具体的になる。

Shoot Local, Think Globalという思いで、このプロジェクトを始めたい。

(もし興味がある人はフォームから連絡をください

Written by tsuyoshi

2月 21st, 2012 at 6:23 pm

Posted in 日本写真家

久しぶりのショー

without comments

takashiArai_dag-11

2週間ほど前から準備をしてきた新井君のショーの準備ができる。

後は明日のDaguerreian Societyのツアーやオープニングを待つのみ。今回は本当に久しぶりのショーという事もあり、かなり準備に時間がかかる。去年はこれを年に5回やっていたのかと、自分のやった事の驚かされる。額を作ったり、大型のプリントをスキャンから起こしたりと、相変わらず作業の幅が広い。その過程で色々学ぶ事は多く、それが自分の物として残っていく。

気付くと、今年の頭に準備をしたショーとは全く違った人達がこのショーの準備に携わっている。スタジオに出入りしているボランティアの顔ぶれもだいぶ変わった。変わらないのはスタジオと自分だけの様な気がした。前進しているのか、それとも停滞しているのかよくわからない、今日この頃。

この数年連絡が全くなかった友達からのメール。週末に写真家のボーイフレンドとスタジオを訪れたいとの内容。フィラデルフィアの写真を変えた気持ちはどうかなどと聞かれる。励ましの言葉なのだろうが、正直解釈に困る。この場所ができた事によって何が変わったのだろうかとまじめに考えてしまう。

後一ヶ月後には日本。今は時間とスペースが欲しい。

ONWARD ’10の発表

without comments

ONWARD '10のロゴ

ONWARD '10のロゴ

今年もONWARDコンペの時期がきた。

2年前にギャラリーができて最初に行ったショーであり、毎年かなり力を入れ、うちの活動の一貫として宣伝してきた。そのおかげか、最初の年は280、そして2年目の去年は400の応募者が集まった。もちろん選ぶ人の色でがらりと変わるが、年明けに行うショーは毎年確実にレベルの高い物になってきているし,フィラデルフィアに写真家を目指す人達が集まるイベントになってきている。

今年で3年目になり、今回はDebbie Fleming Cafferyを審査員として呼ぶ。彼女はAndreaのように、アメリカでは実力派の中堅写真家である。主に生まれ育ったルイジアナ州で撮った作品と、最近ではメキシコで撮られた作品が知られている。前から彼女の写真が好きで実際顔を合わせた事がないが、一度彼女のワークショップをとりたいと思っていた。彼女との滞在に合わせて、フィラデルフィアでのレクチャーとワークショップを企画している。

そして今回はFlakphotoがmedia sponsorとして参加する。このサイトを運営しているAndyとはこの頃になって色々やり取りをする様になった。Wisconsin Historical Societyで働いているようで、最初に連絡を取り合った時に昔このWHSで働いていたPaul Vanderbiltのことで盛り上がる(彼はLibrary of CongressでFarm Security Administrationの写真を整理した人として有名である)。今回Debbieが選んだ作品を彼がまた選択をしてFlakPhotoに紹介するという物である。彼は日本とのつながりがあり、今月フィラデルフィアを訪れるテラウチさんが出版しているPhato Photoにも毎月新しい写真家を紹介している。

今回は日本からの応募者が増えて欲しいと思っている。日本から新しい写真を感じさせられる作品が来てくれると面白くなる。こういう形で日本の若手の写真も紹介したいと前々から考えていた。

Facebookのページを作りFanを募る。2日間で200人近いFanができる。締め切りまで一ヶ月ちょっと。どんな作品が送られてくるか楽しみである。

ONWARD on Facebook

大小の新しい物

with 2 comments

carrier

アメリカに帰ってきて早速導入した物がある。

一つ目はエプソンの大型プリンターで9880(日本の型番で9550)。前々から欲しいと思っていたのだが、さすがに一度に$5000という出費は大きすぎ、どのように工面しようか考えていた。そんな時に引っ越しをする友達が売りたいと連絡をしてきた。実際に話してみるとまだ売る決心が付いてないらしく、交渉の結果無期限でリースをする事に落ち着く。

そんな訳でうちのスタジオの大きなプリンターが運びこまれた。まだ設定する場所なども決まっていないが、11月に行う新井君のショーではこのプリンターを早速使って作品を何枚か作る予定になっている。日本を発つ前の日にピクトリコで見せてもらった、White Filmにカラープリントを印刷してみたい。先週から加わったTylerがproduction assistantとして一緒に、スキャンから全てスタジオでおこなってみようというもので、新井君の今年撮ったダゲレオと一緒に展示される予定である。11月に行われるDaguerreian Society のシンポジウムと一緒に行われる企画展で、楽しみなプロジェクトである。

この様に機材が増えてくると、どうしてもコンピューター専用の部屋が必要になってくる。来週は大工のマージーも加わり拡張工事の準備をする予定。表の大きなドアなどもそろそろ注文しなければならない。

そしてもう一つは小さな物で、6×12用のネガキャリアー。今まで撮ってきた6×12のカラーネガをプリントする為に作ってもらった。元々の6×6位のキャリアーを寸法通り開けてもらっただけなのだが、実際に出来上がるまで1ヶ月以上かかった。前から友達がショップが落ち着き次第手伝ってくれると言っていたが、彼もいろいろと多忙なので、今回日本に来る前に加工屋さんにオーダーしておく。これで今まで撮り続けていた6×12のプリントができるようになる。10-12インチ幅位のロール紙で、早速カラープリントを作ってみたい。

これでプリントを作る時に使える機材が増え、できる事の幅が広くなる。こういう物を使って写真を作れる場に人が集まり、そこで又新しい事が生まれる。それがこのスタジオの基本である。

epson9880

日本からの写真家達

without comments

なかなか踏ん切りが付かなかったが,夕方からミカさんとロビンとでNYに向かう。ChelseaにあるYancy Richardsonで瀬戸正人さんのオープニングがあるとのこと。セトさんとは去年の12月に帰った時に彼の新宿のスタジオでお会いしたのが初めてである。

前からセトさんの写真に興味があり会場でいろいろしゃべる。昔に作っていた50mぐらいある写真のことであったり、Place MをNYに進出できないのかなどと。いろいろと将来の事を話せて楽しい時間であった。

セトさんのオープンニングということで何人かの日本人と会う。コジマ君を始めNYで写真に携わっている人達である。去年のICPのオープニング以来のゴウ君とも久しぶりに会った。相変わらず写真活動を続けているようだ。何ともたくましい。

もう一人の写真家で最近あったのは菅原さんである。実際には一度も会った事はないが久保さんの活動を通して知っている人で、フィラデルフィアに訪れてきた。

ある朝起きてくると久保さんからメールが入っていた。菅原さんの泊まっているNYのアパートのインターネットのコネクションがなかなかつながらないので助けて欲しいという内容であった。早速朝菅原さんから連絡が入って来て電話越しにトラブルシューティング。

菅原さんはDCでのRobert Frankの写真展とPace McGillに写真を見せに今回NYを訪れているとのこと。DCに行くというので,その帰りにフィラデルフィアに寄ってはと誘う。

今回持って来ている久保さんの作ったプラチナのプリントを是非見せたいというので、Gallery 339のオーナーのMartinの所にも顔を出したらどうかと提案。プリントの枚数があまりないというようだが,こんな機会はあまりないので、とにかくMartinに電話をしてみる。Martinの方は問題なく、すんなりと機会を作ってくれた。

ギャラリーにより,お昼を食べてから僕のスタジオの方に向かう。スタジオの様子を見せてからいろいろなお話をする。菅原さんの活動の事や僕のやって来た事など。菅原さんも僕のスタジオの様に暗室とギャラリーなどが混ざっている所を作りたいと考えているらしい。これから何らかの接点が現れればと思う。

セトさんも菅原さんのこともCommercial Photoの雑誌がきっかけで名前を知る様になった。そして来月も訪れる久保さんもその雑誌を通して知る様になった事を考えるととても面白い。

今年会った綾さんや竹内さんも含め,アメリカでは今までなかったような出会いがこの頃増えている。今年の夏に帰った時には顔を合わせる人の数が増えそうだ。

写真、アイデアそして人の行き来

without comments

蛸島のキリコ

蛸島のキリコ

この夏にまた日本に帰る事が決まった。

Andrea Modicaと一緒に大阪にある写真の専門学校でワークショップが決まったのである。8月の終わりに3日かけてポートレート実習とクリティークを中心にしたワークショップを行う。去年の12月に帰ってきた時に学校の校長先生に問い合わせてみたら、すんなりと企画を受け入れてくれた。この校長先生とは5年も前からNYでの研修の手伝いさせてもらった関係にある。

今年も9月に金沢/能登を回る旅行を計画していて,今回はAndreaを連れてのワークショップという形で参加者を募っている。去年参加した人の中には今回も来たいという人がいて,ちょっと思考の違ったものになるだろう。今までAndreaが教えて来たワークショップをとった人も参加をしてくれるかもしれない。

日本に帰った時には新井君を伝って,Andreaのアーティストトークなどを企画していもいる。もし金沢の旅行に人が集まらない時はもう一つワークショップなどできないかと、アイデアも練っている。Andreaも日本ではあまり知られていない中堅の作家なので,いろんな形で作品と彼女の事を紹介したい。

その一方、5月には久保さんがまたフィラデルフィアに訪れる予定だ。今回はRon Reederが教えるデジタルネガのワークショップをとるのが目的。そして前回来た時にinformalな形で試みをしてみた久保さんのワークショップも行ってみようと思っている。久保さんが長い間やって来たプリントに対しての理解みたいな物をこちらの人と共有できたらと考えている。

そして訪ねる所としては、Rochester。OstermanRonと会って、見せてもらえる物を見てこようとしている。RochesterにはGeorge Eastman HouseやRITなども訪れるところがあり盛りだくさんになりそうだ。Andreaから紹介してもらったRITで教えているWillyもRochesterに来たら必ず連絡してくれと心強い。

そして南に位置するDCに行っては前回訪れる事ができなかったLibrary of Congress。キュレーターのCarolとVernaには5月に来る事を伝えているので、そこでLibrary of Congressが持っているプリントなどを見せてもらう予定。そして今回のワークショップでNational Archiveで働いている人に知り合い、2年近く前に会ったキュレーターのSarahを通してNational Archiveをきってのお宝を見せてもらうように話しを進めてもらっている。どうなるかは分からないが,何を見せてもらえるのかが楽しみである。

そして5月のワークショップに呼ぼうと思っている人に便利堂の山本さんもいる。今回のデジタルネガのワークショップで学べる事は沢山あり、これから便利堂のコロタイプの利用価値がとても高まると思う。今、実際の物を見てもらうため、ワークショップを教えるRonのネガを便利堂に送る様に手配をしている。

このところやっと人と人と結ぶ事のが形になって来た。前からも言っているが、こちらで作ったネットワークを日本に持っていったり,又は日本から来た人に繋げるのが仕事だと思う様になってきた。この様に実際の形で実ってくると充実感がとてもある。

フィラデルフィアでのダゲレオタイプワークショップ

without comments

chesterchs

Chester County Historical Societyで見せてもらったハーフプレートのダゲレオタイプ

久保さんが帰ってから新井君とひたすらワークショップの準備をする。機材を作る為に木材を購入してから残りは実際に必要な物を作っていく。主にはsensitizingに使う箱を二つと換気用のfume boxを作るのに時間をかける。比較的簡単にできるかと思ったら実際には細かい事で時間がかなりかかった。しかしお互いの持っている物を持ち合っていろいろ問題を解決していく。

薬品の調達の問題があったり、準備にはあれこれと時間がかかったが、なんとかワークショップまでこぎ着けることができた。Moore College of Art and Designという地元の大学の生徒を招いてのワークショップである。生徒と先生が13人位集まり半日をかけてダゲレオタイプを作る事を学ぶ。成功した人もいたが像がでてこなかった人もいたりとまちまちであった。失敗も成功のうちで,皆とても記憶に残るワークショップになってくれたようだ。

そしてその夜には新井君のレクチャーに思ったより多くの人が来てくれる。デモが行われる日曜日もとても反響があり,デモが行われたギャラリースペースはほぼ満杯になった。レクチャーに来ていた人も参加したが、この日の為に南はDCから北はNYから2時間位かけて来てくれる人も多数いた。

さすがにいろんなプロセスを紹介するのが僕たちの役割というのが浸透してきたのだろうか、新井君のレクチャーやデモを見てみようと結構集まってくれた。イベントの情報がここまで広がってくれるのはとてもうれしい事だ。

準備の段階ではいろいろな問題があり、やり残した事もあったが、今年の秋に向かっての大きな一歩になったと思う。これで新井君もダゲレオタイプで作品を作るにおいてフィラデルフィアをベースにすることができるだろう。これからの展開が楽しみである。