フィラデルフィア写真紀行

写真センターの運営や作家活動から、アメリカの写真事情や文化の違いまで…

Archive for the ‘日本訪問’ Category

ポートフォリオの重さ

with 2 comments

アパートからの景色

アパートからの景色

今回はOnwardを通して企画したグローバルコースに参加する人との面談を主な目的として帰国した。

東京に集まっている人を主に、関西にも足を延ばして全員で20名ほどの人と実際に顔を合わせ話をしてきた。このコースに参加するにあたって期待や希望を述べてもらい、どのような想い各自このコースの位置付けをしているのかということを聞きたかった。

このコースではアメリカの講師と日本の写真家を目指している人を繋げたら面白いのではないかと思いそもそも企画をしたのがきっかけであった。Facebookで作った小さなグループの間で最低限のコース内容を紹介して、興味があるかないかを聞いたところとてもとても反響があった。それをOnwardのリストに集まっている人にも聞いたら、100名以上の希望者が現れたのである。

そもそも去年参加した六甲山でのポートフォリオレビューなどに参加して一つ思うことは日本で「作品」のレベルを上げるには僕のような立場で何ができるのかということである。

ポートフォリオレビューで決定的に欠けている点は、その場でいくらアドバイスを出してあげることが出来ても、時間が短いため、その人の「文脈」みたいな所までわかりにくい事がある。その人がどのようなことを考えて、どんな作品を作ってきて、そしてこれからどこに向かおうとしているのかという「文脈」である。それを抜きにして、見せられた写真だけでアドバイスをあげるのも限界を感じるし、ある意味無責任であり、実際その人にとってどれ位役に立つのか分からない。

そんなことを言うと写真を見せに来ているのだから、それだけで判断出来ないのかと聞かれそうである。実際に写真だけで見える所もなくもなく、特に自分がやりたいことがはっきりと写真で表すことが出来ている人は正直このような場でも見たものだけで問題なく話が進むだろう。

しかし自分のやりたいことが写真でははっきりとまでできずに、ボンヤリというレベルであったり、又それを手探りで模索している人であると写真だけでは話が分からなくなる。そこで文脈がとても必要となり、そのギャップがどれ位あるのかということを考えるととても役に立つ。つまりこういう人にはレビューという機会は刺激になり、そしてこのようなことを考えるきっかけになるかもしれないが、実際その後どのようにすればいいのかという術までは教えてくれる場所ではない。

つくづく思うことであるが、「完成度」という点から見て、作品が出来ているか出来ていないかの判断はそんなに難しくないと思う。ある程度写真を見慣れている人であれば比較を通して、 ボンヤリとした輪郭は出来上がってくるのではないか。極端な言い方かもしれないが、いい悪いの「評価」は誰でも出来るのではないかと思う時が多々ある。

しかし問題なのは、まだ「出来ていない」と評価された人が実際にどのようにそこから変えていけばいいのかということを教えることが出来るひとはそういない点である。しかしこの点をサポートする術がないとその人の可能性までも摘むことになる。例えばポートフォリオレビューというイベントを写真家が生まれて成長する「生態系/エコシステム」の一部としてみると、ポートフォリオレビューという「評価をしてもらえる場」だけでは不完全なサイクルであることが分かると思う。

そしてそれを完結するものが学ぶことができる、「教育」という仕組みであろう。アメリカでポートフォリオレビューなどが成立する環境というのはアメリカでの教育の機会の膨大さと多用さにあると思う。そしてこれを支える底辺を作っているのが、全国で200近くもある大学や大学院の写真学科であるし、その一方で地域レベルで写真を興味がある人に教えている写真センターやアートセンターの役割であるのかもしれない。逆説的に言うとこのような学ぶ場所が身近にあるからこそ、評価する場がその延長線上としてあるのではないか?今回のコースはこのような位置づけで行うことができればと思っている。

今回一人一人会って面談をして思ったことは、参加者それぞれの想いを語ってもらうと自分の課題点や取り組むことをまるで友達に悩み事を相談しているように親身になって話してくれることが印象的であった。その人がそれぞれの想いで作ってきた「作品」を見ながら30分ぐらい一対一で会話をしているとそんなことを思わざるえなかった。

今回はとても重いポートフォリオをアメリカまで持ち帰ってきた。

Written by tsuyoshi

5月 26th, 2014 at 1:39 am

Posted in 日本訪問

大晦日

without comments

 

今年は日本との行き来が多い年だった。

そして毎回来る度に、関わっているプロジェクトが少しずつ違うのも特徴。という事で今日は新宿でキカイさんと来年フィラデルフィアで行われるイベントの打ち合わせ。年末の新宿は沢山の人混みで、その中を歩いていった喫茶店で話しをする。

今回は新しい試みとして、ONWARD Compéの審査員を行ったTodd Hidoとキカイさんを招いて、ONWARD Summitというイベントを2月に行う。そのイベントの準備を2ヶ月位前から行ってきた。レクチャーとネットワーキングを兼ねたイベントで場所なども借りて、少し規模を大きくしたイベントである。丁度フィラデルフィア美術館で来月の半ばから行われるZoe Straussの展示についても、彼女とキュレーターのPeterと一緒にプレゼンターとして参加してくれるという事で、地元の話題もカバーしてバランスがとれたものになりそうだ。

アメリカを発つ前も,先日行われるプライベートパーティーを開いてくれる家での打ち合わせをしてきた。スタジオでクラスをとってくれた人で、町の中にあるモダンな家を開放して協力をしれくれるとの事。料理の事やそこで行われる小さな展示についての細かい事を話す。

このようなサポーターや今まで話しを続けてきた便利堂などもできる範囲でサポートしてくれるという事で,いろんな人ととの繋がりで形になっていく。

イベントまで後一ヶ月である。

Written by tsuyoshi

12月 30th, 2011 at 6:36 pm

Posted in 日本訪問

東北へ

without comments

Kesen-numa

夜行のバスで仙台に向かう。

日本では電車で動く当たり前の様な気がしていたが、今回は時間をうまく利用する為にバスでの移動。朝の5時半には仙台に着く予定である。

今回はタニさんと友達に紹介をしてもらった人をツテに三陸から東松島まで震災の様子を見てこようと思いこのような旅にでる。

今回の震災で誰もが考えた事であろうが、この二ヶ月自分がどんな事ができるのかという事を考えた。今回の地震が起こる2日前にアメリカに帰り、地震が起こってからアメリカから報道を通して様子を追ってきた。その間実際に日本に来る事も考えたし、フィラデルフィアから何らかの形で何かできないかという事を考えた。ただ事情も分からずに、報道からの情報だけを頼りにして考えを巡らせてもしょうがないと思い、実際に現場を見てどんな事ができるのかという事を探ってみようと思っていた。

来る飛行機の中で隣りにいた日本人の人と話をした。会社を3週間ほど休んでボランティアとして被災地に入る事を考えているようであった。NYででも友達と協力をしてチャリティーのイベントに携わってきたようで、今回も被災地でビデオを撮影しある種のドキュメンタリーを作れないかと考えているようだ。いろんな思いがあるのだなと考えさせられた。

実際2週間前ほどにNYにいる友達に電話をした時には彼女は義援金を募る作業がNYの日本人のコミュニティーでは頻繁にある事を話していた。さすがにそこまでフィラデルフィアでは日本人の人数が少ないためか,そこまで頻繁には行われていない。

アメリカのメディアでは日本の事は一面には報道されなくなってきている。日本のメディアのほうは、お決まりの型にはまるニュース以外は被災地のニュースは減ってきて原発のニュースが中心である。何かもっと違う視点から伝えるとこができないのかと思っている。

何ができるか分からないがとにかく実際に見てみよう。

Written by tsuyoshi

6月 5th, 2011 at 6:38 am

Posted in 日本訪問

界隈

without comments

昔通っていた釣具屋

日本に着いて早速、2-3日外を出回る。さすがに時差ぼけがすごく夕方になってくると無性に眠くなってしまう。

今日はゆっくりと朝から来年の予定を立てる為いろいろな人とやり取りをする。スポンサーから雑誌社と写真関係の人達から、これから進行させたいプロジェクトの為にも人と会う。どんなにインターネットなどで繋がっていても、実際に会って話しができるのは,はかどるスピードが違う。朝に4件の予定を取りまとめる。

その後近くの駅までお昼を食べにいく。昔よく通っていた商店街や途中で覚えている友達の家などを確認しながら15分位の散歩。この駅はうちから距離的には近いのだが、普段は全くといって使わない。3年前に始めて来た時は駅前も再開発され昔の感じががらりと変わっているという印象しかなかった。

そのなか駅前の商店街を歩いていくと昔からあったペットショップや八百屋さんなど昔と変わっていない所を沢山見つける。八百屋さんなどの狭い場所にごちゃごちゃと並んでいるの見ると何とも懐かしく,心地がいい。こんな所をもう少し時間をかけて写真を撮れないかと思う位である。この様な湿気を含む風景が懐かしいのであろうか。

最後に写真を撮ったのは昔通っていた釣り道具屋さん。今は店が閉まっているのだろう、外見は昔と変わっていない様子であった。一瞬過去に戻った様な錯覚を覚える。

Written by tsuyoshi

12月 28th, 2010 at 11:05 am

Posted in 日本訪問

移動中

without comments

スタジオのデッキからの夕焼け

毎回思う事だが東京での移動はとても時間がかかる。毎日家からでてバスで最寄りの駅まで行き,そこから地下鉄に乗って目的の場所に向かっている。大体東京の西に行く機会が多いので,東の外れにある家から大体一時間ほどかかってしまう。

もちろんどうしようもないことで,日本に住んでいた時はこのように時間が過ぎていくことに慣れていたのだろう。ただフィラデルフィアのように小さな町に住んでいると,この時間が少し無駄に感じる時が正直ある。前回帰国した時に一緒に町を歩いていた人に,「東京は広くて狭いですね」と言った事があった。「広さ」は移動にかかる時間であり,「狭さ」はたどり着いた場所に入った時に感じることである。フィラデルフィアでの感覚とは正反対である。

ただ今回の滞在はこの移動がとても楽しくてしょうがない。移動中にNPR(公共ラジオ局)の番組の「Radio Lab」をPodcastで延々と聞いている。訳すとラジオ実験室とでもいうのだろうか。番組の内容がとても面白く、科学者や心理学者などと話して人間の心理的、身体的そして環境までを含む置かれている状況 (human condition)を探る番組である。例えば人間が数字をどうの様に理解しているか、睡眠について、限界、嘘、時間、記憶や忘れるという事についてなど様々なテーマで番組が組まれている。学者、作家、アーティスト,又は珍しい経験をした人達とのインタビューを通して、テーマを科学的そして心理学的な裏付け探して行くプログラムである。

一つ約一時間の番組なのだが、あまりにも話しにのめり込んでいて、聞き終わらせる為に目的地に着く時間を延ばしたいほどである。そして内容が濃いため聞き流しができず集中する時間が必要でもある。フィラデルフィアで普段からも聞いているが、このように作業をせずまとまった時間がない為ここまで大量に聞くことができない。こんなラジオ番組を聞くには,東京で移動する時間がとてもあっている。今回行きの飛行機に乗っている時から集中して聞いているが、すでに30以上の放送を聞いてきた。

高校の時に朝と深夜のラジオ番組を聞いていた。そのラジオを聞いて世界の事を覗いていた様な気がしてしょうがなかった。そんなラジオ番組をまた見つけた事がとてもうれしい。

Written by tsuyoshi

10月 15th, 2010 at 9:08 am

Posted in 日本訪問

物を作るスピード

without comments

日本に着き、久保さんとのデジタルネガとプラチナプリントのワークショップを無事に終わらせた後、今月の頭にフィラデルフィアに訪れてくれたユーコさんと鎌倉に写真を撮りにいく。前回鎌倉に来たのは15年前位の話しである。

とても天気がよく、12月とは思えない陽気であった。鎌倉には何度も訪れた事があるが、江ノ島には行った事がないと思い、今回訪れてみる。小さな島の中を8×10のカメラと三脚をゴロゴロと引き、岩場で釣りをしている人や何気ない風景を数枚撮影する。

何を求めている訳でもないが、ただ何となくいいかなという物を写真として撮っていく。こんな陽気で海のそばで写真を撮っているのは気分がいい。これほどのんびり撮影する機会はないが、自分にとって撮影やプリントはセラピーのようなものである。来年こそはこのような時間をフィラデルフィアにいてももっと作る努力をしたい。

その後鎌倉の路地を歩いていくと鎌倉彫を売っている小さなお店を見つけた。とてもこじんまりとしているが、家の作りに引かれ、ちょっと入ってみる。そこでは亡くなった旦那さんが作った物を中心にして売っている小さな商いで、今年は不況という事で全く売れていない様な事をおばさんに聞く。

日本の地方を訪ねる時はこの様な工芸店を見つけては寄る。珠洲に行った時には珠洲焼きを、輪島に行く時は輪島塗を少ないながらも買ってきている。高価で工芸品という様な誇らしい物を買うのではなく、素朴で自分の感性に合った物を探すだけである。そして基本的には実際にアメリカでの日常で使える物しか買わないことにしている。

一見簡単そうでな作業だがじつはなかなか気に入った物が見つからない。そして出来上がって買った時の仕上がりなどに満足するというよりは、使っていくうちの過程で起こる変化に興味があり、1−2年後の表面のてかりや様子を想像するのが実は楽しい。

実際にうちには珠洲焼きの湯のみがいくつかあるが、今年買ってきた物と去年買ってきた物では個人的に使う頻度が違う。大勢の人などにお茶を出す時はそこまで構っていられないし、それほど意識してる訳ではないのだが、新しい物のてかりに「小さな照れ」みたいな物を感じ、長く使っている湯のみに手が出る。

このような工芸品を作っていくにはとても時間がかかり、生産性や経済性という点でなかなかバランスがとれるものではない。僕は自分のプリントを積極的に売っている訳ではないが、実際に手作りでプリントなんかをしているとそんな事を常に感じる。だからこそ、このような物を見ると安い買い物をした様な気がしてしょうがない。

以下のビデオは友達が送ってきてくれた物であるが、本を印刷から製本まで作り上げてく様子である。早送りすると6分も満たないが、実際にかかった時間がどれ位なのかとついつい考えてしまう。この辺の住み分けがうまくできないのかと常に考えている。

Written by tsuyoshi

12月 26th, 2009 at 5:31 pm

移動中

without comments

Sketchupで書いたスタジオの様子

今年はこれで6回目になるが、この12時間の飛行時間にはなかなか慣れない。なるたけ仕事を持ち込んで忙しくしている。

フィラデルフィアからは東京への直通の便がないため、乗り継ぎが必要になる。大体ミネアポリスかデトロイトで乗り継ぎをするのだが、その中継地点では必ずスタジオとのやり取りをする。スカイプ越しに最終的な確認と、僕の移動中待てない質問のやり取りなどをAnneとしていく。来年には僕が使っているデルタ航空の国内線にはWiFiが完備されるとの事。そうすればもう少しコミュニケーションが環境がよくなりそうだ。

国際線の飛行機に乗ってからは、スタジオのスペースのデザインを始める。最近ダウンロードしたSketchupという3Dのソフトを使い、改修されていない残りのスペースを描いていく。大体の寸法などを決めていき、どのように残りのスペースを有効に使っていくかを考える作業である。

このビルには大体35坪位のスペースに一階と二階と手がつけられずに残っているだが、今までは工具や機材そして建築用の資材で埋まっていた。そこにテンポラリーにでもこの春までにコンピュータールームを作れないかという事を考え始めた。今はギャラリーとコンピューターがある教室が兼ね合っているが、イベントの度にこのセットアップをたたむ必要がありなかなか大変な作業である。そしてこのコンピューターの部屋を分ける事によって、二つのクラスが同時進行する事も可能になる。そこで今月の頭にAlが中心となりボランティア4−5人に手伝ってもらい2日かけ完全に整理した。

そこにちょうどギャラリーのスペースがきれいになるのを見計らった様に、いつも大工仕事を手伝いをしてくれるMargeの都合がとれて、フィラデルフィア来ることになる。元々は違う所の作業をしてもらおうと思っていたが、新しいスペースを作る方に興味を示し、工事を始める。実際に発つ翌日まで彼女と工事の作業を進めていた。僕がフィラデルフィアを発ってからも滞在し自分でできる作業を進めている。日本に着いてからもSketchupで作った物を設計図として彼女とのやり取りに使い、お互いの考えている事を細かい所まで確認できる。

12時間後成田について早速便利堂の鈴木さんと東京駅で落ち合う約束をする。鈴木さんは今日まで東京で出張で、今夜京都に帰るという事で、この日と見計らって会う約束をしていた。9月にロビンと工房を訪れて以来の再会である、東京駅の構内の中華料理やで今までの進展の話しを聞く。いろいろな計画があるが、前回携わったデジネガの導入と、Library of Congressに所蔵されているプリントの複製を作るプロジェクトが話しの中心である。そして来月の半ばにはまた京都に訪れる事を約束。また楽しい滞在になりそうだ。

東京の実家に着いた頃にはフィラデルフィアのスタジオを出てきてから24時間が過ぎていた。

違う側面からのビュー

Written by tsuyoshi

12月 25th, 2009 at 3:54 am